【ワンピース】海賊団強さランキングまとめ一覧!1位~84位【2019年最新】

popIn広告

ワンピース海賊団強さランキング 第20位~1位



20位 オンエア海賊団

出典はこちら

主な構成員:スクラッチメン・アプー

“最悪の世代”の一人、スクラッチメン・アプーが率いる海賊団。

オンエア海賊団は、ホーキンス海賊団・キッド海賊団と同盟を結んだこともあり、彼らと同等の実力を備えているものとみられる。

船長のスクラッチメン・アプー個人の懸賞金額としては、バジル・ホーキンスよりも上の3億5000万ベリー。
音を攻撃に変換するという独特の戦い方をすることが判明しており、敵に回せばかなり厄介な相手であることは間違いない。

19位 グラン・テゾーロ

出典はこちら

主な構成員:ギルド・テゾーロ、バカラ、タナカさん、ダイス

“グラン・テゾーロ”はカジノを有する巨大黄金船の名前だが、その実態は”黄金帝”ギルド・テゾーロ率いる海賊団。

ギルド・テゾーロは世界の通貨の20%を掌握すると言われるほど莫大な財産を築いており、その財力によって王下七武海以上の権力を掴み取っている。
彼に刃向かうことは裏社会を敵に回すのと同義であるため、一介の海賊を相手にする以上に厄介な相手であるといえる。

もちろん単なる金持ちのボンボンではなく、海賊としての戦闘力も並外れている。
ギルド・テゾーロは”ゴルゴルの実“によって黄金を操ることができ、部下のバカラは”ラキラキの実“で幸運を操る。

劇場版では麦わらの一味と戦闘を繰り広げ、あと一歩のところまで彼らを追い込んだ。

18位 ファイアタンク海賊団

出典はこちら

主な構成員:カポネ・ベッジ、シャーロット・シフォン、ヴィト、ゴッティ

“最悪の世代”の一人、カポネ・ベッジが率いる海賊団。

船長のベッジは海賊になる前、西の海を支配する”西の五大ファミリー“の5人のボスの一人だったため、部下の人数や所持する武器の量などに秀でている。
海賊になってからは名のある海賊団ばかりを狙って船長の首を取り、そのせいで何度も復讐者に狙われたがその全てを返り討ちにしたという逸話がある。

ベッジは”シロシロの実“によって自分の体を城に変えることができ、体内には常に大量の部下と武器を控えさせている。
そのため一人で歩いているように見えても実際には軍事要塞が歩き回っているようなものであり、彼と戦うためには軍事要塞をひとつ墜とす覚悟が必要になる。

17位 巨兵海賊団

出典はこちら

主な構成員:ドリー、ブロギー、オイモ、カーシー、ヤルル、ヨルル

かつて巨人の国「エルバフ」の出身者たちによって結成され、世界中を荒らしまわったとされる伝説の海賊団。

ルフィたちがリトルガーデンで出会った2人の巨人、ドリーとブロギーが頭を務め、全盛期はそれぞれに懸賞金1億ベリーがかけられていた。

天を突くような体躯の巨人が何人も集まっていたため、普通の人間にとっては非常に恐ろしい海賊団だった。

彼らの船は巨人族が何人も乗れるようこれまた巨大に作られており、巨人海賊団の2隻の船”グレート・エイリーク号”は山よりも巨大だったと伝わる。
並みの海賊団なら巨人一人を倒すことも困難だと考えると、その集団である巨兵海賊団が脅威的な存在であったことは言うまでもない。

16位 スペード海賊団

出典はこちら

主な構成員:ポートガス・D・エース、マスクド・デュース、スカル、ミハール

スペード海賊団は、かつてエースが率いていた海賊団。

エースが白ひげに敗北したことで白ひげ海賊団に吸収されたが、全盛期には王下七武海に勧誘を受けていたほど名の売れた海賊団だった。

船長のエースは”メラメラの実“の能力者であり、炎人間ゆえに覇気使いでなければ太刀打ちすることは難しかった。
エースは白ひげに下ってからも2番隊隊長を務めた実績があるため、実力者揃いの白ひげ海賊団のなかでも高い戦闘能力を誇っていたことは間違いない。

15位 九蛇海賊団

出典はこちら

主な構成員:ボア・ハンコック、ボア・サンダーソニア、ボア・マリーゴールド

王下七武海ボア・ハンコックが率いる海賊団。

女ヶ島に住むアマゾネスたちで構成されている海賊団であり、メンバーは全員が女性。

構成員のなかでも、ボア・ハンコック、ボア・サンダーソニア、ボア・マリーゴールドの3人からなるゴルゴン三姉妹の実力が飛びぬけて高い。

ボア・ハンコックは絶世の美女であり、覇王色の覇気と”メロメロの実“の能力の合わせ技でほとんどの男性を無力化することができる。
よほど欲望に強い精神力をもっているか、ルフィのように女性に興味がないイレギュラーでもない限り、男性はハンコックと戦うことすらできずに石化させられてしまう。そのため九蛇海賊団は、相手に男性が多いほど有利に戦うことができると推測される。

14位 ドレーク海賊団

出典はこちら

主な構成員:X・ドレーク

“最悪の世代”の一人、X・ドレークが率いる海賊団。

ドレークは動物系古代種の悪魔の実”リュウリュウの実・モデル「アロサウルス」“の能力者で、あのパシフィスタをも一噛みで流血させるほどの攻撃力を有している。
現在はカイドウの傘下となっており、百獣海賊団”真打ち“として活動している。

百獣海賊団の真打ちなのはバジル・ホーキンスも同じだが、ドレークは真打ちの中でも最強の6人に数えられる”飛び六胞“の称号を与えられている。

この海賊団に関しては船長以外のメンバーの情報が希薄ながら、船長のドレーク一人に限っても作中上位の強さを持っていると考えていいだろう。

13位 ハートの海賊団

出典はこちら

主な構成員:トラファルガー・ロー、ベポ、ジャンバール、ペンギン、シャチ

“最悪の世代”の一人、トラファルガー・ローが率いる海賊団。

元・ドンキホーテファミリー傘下だが、麦わらの一味と結託してドンキホーテファミリーを壊滅に追い込んでいる。
ロー以外の構成員の強さは未知数だが、ローの戦闘力が明らかに飛びぬけて高いため全海賊団の中でも上位に入ると推測される。

ローは超人系悪魔の実”オペオペの実“の能力者であり、一定範囲内にいる生物の体を自在に改造することができる。
消耗が著しく激しいという弱点はあるものの、短期決戦&近距離戦であればほとんど無敵に近い能力である。

現在は麦わらの一味と共闘することが多いため、ローの弱点は麦わらの一味によって抑えられているというのもポイント。

12位 キッド海賊団

出典はこちら

主な構成員:ユースタス・キッド、キラー、ヒート

“最悪の世代”の一人、ユースタス・キッドが率いる海賊団。

ビッグマム傘下の海賊船を2隻沈め、トットランドに乗り込んで将星を負傷させるなど四皇に立ち向かえるほどの実力を持っている。
船長のキッドにかけられた懸賞金は”最悪の世代“のなかでルフィとローに次いで高い4億7000万ベリー。

覇王色の覇気を使えるキッドの強さもさることながら、”最悪の世代”の一人で殺戮武人の異名をもつキラーが構成員にいることも高評価ポイント。

“最悪の世代”を2人以上擁しているのは、麦わらの一味とキッド海賊団だけである。

11位 タイヨウの海賊団

出典はこちら

主な構成員:フィッシャー・タイガー、ジンベエ、アラディン、アーロン

魚人たちによって結成された海賊団。

かつて聖地マリージョアを襲撃した海賊フィッシャー・タイガーが初代船長を務め、タイガーの死後はジンベエが2代目船長として率いていた。
王下七武海に数えられるジンベエはもちろんのこと、メンバー全員が優れた身体能力をもつ魚人であるため戦闘では無類の強さを誇る。

陸上戦闘でも充分に強いが、海上・海中での戦闘では圧倒的に有利に動けるのが魚人の強み。

悪魔の実の能力者にとって海は最大の弱点でもあるため、能力者頼りの海賊団ほどタイヨウの海賊団との戦いは不利になると考えられる。

10位 金獅子海賊団

出典はこちら

主な構成員:シキ、Dr.インディゴ、スカーレット隊長

かつて大海賊と呼ばれたシキが率いた海賊団。

シキがインペルダウンに収監されてからは影を潜めていたが、シキの脱獄と共に活動を再開。
メルヴィユに生息している動物を狂暴化させて配下におき、さらに周辺の海賊たちを配下に置くことでパワーアップして復活した。

船長のシキは”金獅子のシキ“の名で知られ、全盛期はゴールド・ロジャーや白ひげと鎬を削った実力者。

シキは”フワフワの実“の能力者であり、触れたものを無重力状態にすることができる。自分の体を浮かせることはもちろん、島を丸ごと浮かせることすら可能。

9位 ドンキホーテファミリー

出典はこちら

主な構成員:ドンキホーテ・ドフラミンゴ、ディアマンテ、ピーカ、トレーボル

元・王下七武海のドンキホーテ・ドフラミンゴが率いていた海賊団。

海賊団としての実力もさることながら、裏社会に強い影響力をもつ犯罪者集団として恐れられていた。
武器・兵器・ドラッグ・悪魔の実・奴隷などの闇取引を行い、数々の国を裏から操って戦争を煽っていた。

有能な中将として海軍に潜り込んでいたヴェルゴや、ドレスローザの英雄として振舞っていたディアマンテ、逆らった者を悪魔の実の力でオモチャに変えていたシュガーなど、とにかく優秀な構成員が多い。

船長のドフラミンゴは優秀な部下たちを上手く使い、ドレスローザの国王として、裏社会のブローカーとして、王下七武海の大海賊として、あらゆる分野に多大な影響を与えていた。

8位 麦わらの一味

出典はこちら

主な構成員・モンキー・D・ルフィ、ロロノア・ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパー

言わずと知れた”麦わらのルフィ”率いる海賊団。

少人数の海賊団ながらメンバーはもれなく精鋭揃いであり、わずか10人で総合懸賞金額31億6000万100ベリーを達成している。
王下七武海や四皇を相手に互角以上の戦いを繰り広げてきており、今や四皇と並ぶ”五番目の皇帝“と呼ばれることも。

船長のモンキー・D・ルフィは懸賞金額15億ベリーの大物海賊になっている。
正式な麦わらの一味は10人だが、ルフィに惚れ込んだ総勢5600名の海賊たちが”麦わら大船団”として傘下に入っている。

7位 ワールド海賊団

出典はこちら

主な構成員:バーンディ・ワールド、ビョージャック、ガイラム、ナイチン、セバスチャン

大海賊バーンディ・ワイルドが率いた海賊団。

かつてはゴールド・ロジャーや白ひげに並ぶとされた大海賊で、当時は”世界の破壊者“の異名で恐れられていた。
老いてなお麦わらの一味やハンコックと互角に戦える構成員を何人も擁しており、全盛期の彼らがどれほど強かったのかがうかがえる。

船長のバーンディ・ワールドは”モアモアの実“の能力者であり、触れた物の大きさや自分自身のスピードを100倍にすることが可能。
これにより小石を投擲するだけでも砲弾級の威力を出せるほか、全力で動けば黄猿やエネルに匹敵する速さで移動することもできる。

モアモアの実の能力そのものがチート級であるにも関わらず、バーンディ・ワールドは武装色の覇気や六式を使うことができるなど素の戦闘能力も相当に高い。

6位 白ひげ海賊団

出典はこちら

主な構成員:エドワード・ニューゲート、ポートガス・D・エース、マルコ

元・四皇のエドワード・ニューゲートが率いた海賊団。

新世界で活躍する43もの海賊団を率いる大規模船団であり、かつての参加にはエースや黒ひげといった実力者も名を連ねた。
白ひげ亡きあと瓦解していったものの、全盛期の実力でみればロジャー海賊団や百獣海賊団にも決して引けを取っていない。

白ひげ海賊団船長エドワード・ニューゲートは”世界最強の海賊“の名で知られており、かつて海賊王ロジャーと唯一互角に渡り合った男とも言われている。

財宝に対する執着が全くなかったため積極的にワンピースを探してはいなかったが、ロジャーの死後長きに渡って最も海賊王に近い地位を守り続けた。

5位 ビッグ・マム海賊団

出典はこちら

主な構成員:シャーロット・リンリン、シャーロット・カタクリ、シャーロット・クラッカー

現・四皇のビッグマムこと、シャーロット・リンリンが率いる海賊団。

ビッグマムの血を引いた子供たちが幹部を務めており、中でも”スイート三将星“と呼ばれる最高幹部の実力はケタ違い。
億超えの部下を何名も擁しており、ビッグマム海賊団の総合懸賞金額は判明しているだけでも50億ベリーを超える。

優秀な部下の厄介さもさることながら、やはり船長であるビッグマムの実力は圧倒的。
ひとたびビッグマムが癇癪を起こして暴れ出せば、ビッグマム海賊団が総力を上げて立ち向かっても止めることはできないとされている。

4位 赤髪海賊団

出典はこちら

主な構成員:シャンクス、ベン・ベックマン、ヤソップ、ラッキー・ルウ

現・四皇のシャンクスが率いる海賊団。

登場しただけでマリンフォードで行われた頂上戦争を終息させるなど、海賊側にも海軍側にも多大な影響力を持っている。
懸賞金9400万ベリーの海賊ロックスターが新入りの下っ端扱いされるほど、構成員のレベルが総じて高い。

船長のシャンクスは武装色の覇気、見聞色の覇気、覇王色の覇気の3つを使うことができる稀有な人物。
なかでも覇王色の覇気の熟練度が非常に高く、少し覇気を使った威嚇しただけで白ひげ海賊団の構成員たちを気絶させてしまうほど。

覇気によって雑魚を一掃することができるため、並の海賊ではシャンクスの前に立つことすらできないのだ。

3位 黒ひげ海賊団

出典はこちら

主な構成員:マーシャル・D・ティーチ、ジーザス・バージェス、シリュウ、アバロ・ピサロ

白ひげ海賊団を裏切り、四皇の座を奪った”黒ひげ”ことマーシャル・D・ティーチが率いる海賊団。

結成間もない頃にはたった5人でドラム王国を壊滅させ、さらにエースやジュエリーボニーといった実力者たちを激闘の末に下している。
その後、インペルダウンのLEVEL6に収監されていた伝説級の犯罪者たちを脱獄させ仲間に引き入れたことで一気に実力を増した。

船長のティーチは世にも珍しい「悪魔の実を2つ取り込める特異体質」であり、最も凶悪な悪魔の実とされる”ヤミヤミの実“と、超人系悪魔の実で最強の攻撃力をもつ”グラグラの実“の力をその身に宿している。

危険度と過去の悪行から22億4760万ベリーもの懸賞金が付けられており、今や現役最強を競う人物の一人となっている。

2位 百獣海賊団

出典はこちら

主な構成員:カイドウ、キング、クイーン、ジャック

現・四皇のカイドウが率いる海賊団。

人造悪魔の実”SMILE“を使って動物系の能力者を量産することに成功しており、下っ端構成員の戦闘力が平均的に高い。
傘下にもドレーク海賊団やホーキンス海賊団などの実力派が揃っていることから、並の海賊団では彼らの拠点であるワノ国に入ることすらままならない。

しかし、何より厄介なのが百獣海賊団のトップ、四皇カイドウの存在である。
カイドウは”この世における最強生物“であり、1000回を超える拷問・40回の死刑宣告・上空1万メートルからの落下でさえも無傷で生き延びる怪物。

1対1で戦ってカイドウに勝てる生物はいないとすら言われているため、百獣海賊団は現役最強の筆頭候補と言えるだろう。

1位 ロジャー海賊団

出典はこちら

主な構成員:ゴールド・ロジャー、シルバーズ・レイリー、シャンクス、バギー

歴史上で唯一”偉大なる航路(グランドライン)”を制した伝説の海賊団。

言わずと知れた海賊王ゴールド・ロジャーが船長を務めており、解散から25年以上が経過した今なお最強の海賊団として知られている。

船長のゴールド・ロジャーはもちろんのこと、冥王シルバーズ・レイリーや後の四皇シャンクスなど、構成員の質も最上級。

まだまだ謎の多い海賊団ではあるが、全盛期の彼らがケタ違いの強さを誇っていたことは間違いないだろう。

以上”2019年最新版ワンピース海賊団強さランキングまとめ一覧”でした♪

その他ワンピース関連まとめ



popIn広告 関連広告

こちらもよく読まれています♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする