【進撃の巨人×声優】メインキャラの声を担当している声優まとめ ※写真あり

popIn広告

今回はアニメ版・進撃の巨人のキャラクターたちに命を吹き込んでくれている声優さんをご紹介したいと思います。

題して【進撃の巨人】「キャラの声を担当している人気声優」について解説してみた!

これまで進撃の巨人の声優さんについて詳しく解説していきます!

…とはいえ、進撃の巨人を担当した声優さんを全員網羅すると100人以上になってしまうので、今回は物語に特に大きな影響を与えたキャラクターの声優さんのみに限定させて頂きますね。

日本を代表する人気アニメだけあって、進撃の巨人を担当するのはどのキャラも超人気声優さんばかりです。

今回はそれぞれの声優さんの進撃の巨人以外の代表作も合わせてご紹介していますので、興味のある方は関連作品もチェックしてみてくださいね。

あらためて担当作品を確認してみれば、きっと「え!?この声優さんって○○のキャラもやってたの!?」という発見があるはず!



エレン・イェーガー

出典はこちら

出典はこちら

cv:梶裕貴

代表作:メリオダス(七つの大罪)、アリババ・サルージャ(マギ)、舞子集(ニセコイ)
誕生日:1985年9月3日

まずは言わずと知れた主人公、エレン・イェーガーの声優さんからご紹介です。

エレン役を担当しているのは男性声優の梶 裕貴(かじ ゆうき)さん。爽やかなルックスと存在感のある声質で、特に女性人気の高い声優さんですね。

七つの大罪のメリオダスや、マギのアリババ・サルージャなど、男性人気の高い作品でも多数の主演を務めています。

梶さんは声優として数々の賞を受賞しており、2013~2014の声優アワードでは主演男優賞を2年連続で受賞するという快挙を成し遂げています。

最近では、同じく人気女性声優の竹達彩奈さんと入籍したことでも話題になっていましたね。声優界屈指の美男美女のカップル誕生に日本中が湧きました。

ミカサ・アッカーマン

出典はこちら

出典はこちら

cv:石川由依

代表作:ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン(ヴァイオレット・エヴァーガーデン)、高砂智恵(エロマンガ先生)、キュルル(けものフレンズ2)
誕生日:1989年5月30日

進撃の巨人のメインヒロインであるミカサ・アッカーマンを担当するのは、女性声優の石川 由依(いしかわ ゆい)さん。
石川さんの静かで力強い声質は、ミカサのイメージにピッタリですよね。

実は石川さんにとって、ミカサというキャラクターは声優としてのキャリアを伸ばすきっかけにもなったのだそうです。

子役時代から舞台を中心に活動していた石川さんは、ミカサを演じるまでアニメ声優の仕事をそれほど頻繁に受けていたわけではありません。
しかしミカサ役があまりにもハマリ役だったためアニメ系のお仕事を受けることも増え、最近だとけものフレンズ2のキュルルなど、話題作への出演も精力的にこなしています。

アルミン・アルレルト

出典はこちら

出典はこちら

cv:井上麻里奈

代表作:ヨーコ・リットナー(天元突破グレンラガン)、緑川なお(スマイルプリキュア!)、南夏奈(みなみけ)
誕生日:1985年1月20日

トロスト区での悲劇を経験し、エレンやミカサと共に調査兵団に入った青年アルミン。
弱々しそうに見えますが実は芯の強いこの青年を演じるのは、女性声優の井上 麻里奈(いのうえ まりな)さんです。

井上さんといえば、筆者としては天元突破グレンラガンのヨーコ・リットナー役の印象が強いです。
他にもスマイルプリキュアの緑川なおや、終物語の老倉育など、性格的に強い女性を演じることが多い方ですね。

アルミンは男性ですが、性格の面で見ると、なるほど井上さんが演じるのにふさわしいキャラクターだな、と感じます。

ライナー・ブラウン

出典はこちら

出典はこちら

cv:細谷佳正

代表作:カナタ・ホシジマ(彼方のアストラ)、日高昴(ROBOTICS;NOTES)、ヴェルフ・クロッゾ(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)
誕生日:1982年2月10日

壁中人類を攻撃する「鎧の巨人」ことライナー・ブラウン。
存在感のあるライナーらしい低音ボイスを生み出しているのが、男性声優の細谷 佳正(ほそや よしまさ)さんです。

細谷さんは2005年頃から声優としての活動をスタートさせたベテランで、これまでに数々の作品で主要なキャラクターを演じてきています。

少年役~青年役、さらに主人公~悪人まで幅広いジャンルの演じ分けに定評のある細谷さん。
個人的には、彼方のアストラのカナタダンまちのヴェルフなど、頼りがいのあるお兄さんキャラを演じさせると右に出る者はいないと思ってます。

考えてみれば、ライナーだって正体を明かす前は第104期の頼れるお兄さんキャラでしたしね。

ベルトルト・フーバー

出典はこちら

出典はこちら

cv:橋詰知久

代表作:
誕生日:4月13日

進撃の巨人という作品を象徴するようなキャラクター「超大型巨人」。
その正体であるベルトルト・フーバーを演じているのは、男性声優の橋詰 知久(はしづめ ともひさ)さんです。

橋詰さんは2008年から声優業に就いている方なのですが、意外にもアニメで主要キャラを演じることはほとんどありません。
普段はナレーション系のお仕事をしたり、「男性客A」「兵士B」のような名前のついていないモブキャラを担当することが多いのだそうです。

実は橋詰さんにとってベルトルトは初めて演じた主要キャラクターであり、本人いわく「収録日前日は緊張して眠れなかった」のだとか。

アニ・レオンハート

出典はこちら

出典はこちら

cv:嶋村侑

代表作:春野はるか(Go!プリンセスプリキュア)、与謝野晶子(文豪ストレイドッグス)、校条祭(ギルティクラウン)
誕生日:1985年4月18日

エレンにとっては格闘の師匠のような存在でもあるアニ・レオンハート。
男性よりも遥かに強い女性兵士であるアニを演じるのは、女性声優の嶋村 侑(しまむら ゆう)さんです。

嶋村さんはもともと舞台女優として活動していたのですが、機動戦士ガンダムの監督としてお馴染みの富野由悠季さんに才能を見出され、声優業を行うようになりました。

本職の舞台女優だけあって嶋村さんの演技の幅は広く、幼い少女の役から母親の役、さらには少年役までまったく違和感なくこなすことができます。

2015年にはGo!プリンセスプリキュアで春野はるか役を務めるなど、ますます声優としての活躍の幅を広げています。

ジャン・キルシュタイン

出典はこちら

出典はこちら

cv:谷山紀章

代表作:氷室辰也(黒子のバスケ)、四ノ宮那月(うたのプリンスさまっ♪マジLOVEシリーズ)、左天(NEEDLESS)
誕生日:1975年8月11日

訓練兵時代からずっとエレンのライバル的な存在だったジャン・キルシュタイン。
そんな重要な役どころを演じているのが、男性声優の谷山 紀章(たにやま きしょう)さんです。

谷山さんといえば、多くのアニメで主題歌に採用される人気ユニット「GRANRODEO(グランロデオ)」のボーカルとしても有名ですよね。

自身も声優として参加した作品である黒子のバスケでは「Can Do」を歌ったほか、文豪ストレイドッグスの「Deadly Drive」、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの「少年の果て」など数々の名曲を世に送り出しています。

もちろん声優としてのキャリアも立派ですが、最近はアニソン歌手としての顔のほうが有名になりつつあるかもしれませんね。

マルコ・ボット

出典はこちら

出典はこちら

cv:逢坂良太

代表作:真奥貞夫(はたらく魔王さま!)、桜田ジュン(ローゼンメイデン)、唯我成幸(僕たちは勉強ができない)
誕生日:1986年8月2日

アルミンに匹敵するほどの頭脳を持ち、それゆえに殺されてしまった不遇な兵士マルコ・ボット。
一見大人しそうに見えて実は頭の切れる彼を演じていたのが、男性声優の逢坂 良太(おうさか りょうた)さんです。

逢坂さんは、僕たちは勉強ができないの唯我成幸をはじめとして、裏表がなく性格の良い少年の役を演じることが多いです。

アニメ監督の中村健治さんも、逢坂さんの演技について「聞いていて嫌味がないというか、水みたいな無色透明なお芝居で、主役に向いている声」と語っています。

しかし最近だとダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかで、わかりやすい悪役のアポロンを演じたりすることも。

コニー・スプリンガー

出典はこちら

出典はこちら

cv:下野紘

代表作:我妻善逸(鬼滅の刃)、関俊成(となりの関くん)、神名綾人(ラーゼフォン)
誕生日:1980年4月21日

今や残り少なくなった第104期の生き残りの一人、コニー・スプリンガー。
ラガコ村の悪夢を体験した彼の役を演じているのが、男性声優の下野 紘(しもの ひろ)さんです。

ファンからは「安定の童貞声優」なんて、褒められてるのか貶されてるのかわからない異名で呼ばれることのある下野さん。

要するに「童貞っぽい若さのある演技が上手い」ということで、地声の高さを活かした情けない少年の役を演じることに定評があります。

最近で言うと、鬼滅の刃の我妻善逸なんかは特に下野さんっぽい声だなぁ…という感じでした。

サシャ・ブラウス

出典はこちら

出典はこちら

cv:小林ゆう

代表作:桜咲刹那(魔法先生ネギま!)、霧野蘭丸(イナズマイレブン)、猿飛あやめ(銀魂)
誕生日:1982年2月5日

鬼教官の前で堂々とジャガイモを食う「芋女」ことサシャ・ブラウス。
進撃の巨人を代表するギャグキャラのサシャを演じているのが、女性声優の小林 ゆう(こばやし ゆう)さんです。

モデル並みに美人な声優さんってけっこう多いと思うんですが、小林さんは「モデルみたい」どころか本物のモデルとしての経歴を持ちます。

高校生の頃にスカウトされてモデルとして活動し、2003年頃から声優としての活動を始めたというちょっと変わった経歴の持ち主。

外見の美しさは当然のこと、声優に転身してからも第2回声優アワードで新人女優賞を受賞するなど高い実力を発揮し続てきた方です。

ヒストリア・レイス

出典はこちら

出典はこちら

cv:三上枝織

代表作:ゆるゆり(赤座あかり)、コボリー(甘城ブリリアントパーク)、石渡那央(ふらいんぐうぃっち)
誕生日:1989年1月6日

実の父親であるロッド・レイスを倒し、壁中人類たちの女王になったヒストリア・レイス。
激動の人生を歩んできた彼女を演じているのは、女性声優の三上 枝織(みかみ しおり)さんです。

ヒストリアをはじめとして、ゆるゆりの赤座あかりや、けものフレンズのコノハ博士など、どこか幼さのある役どころを演じることが多い三上さん。

本人も幼さを売りに…というかネタにしているところがあり、名前を「さんじょうえだおりさん」と名乗ったり、年齢を「大人+〇歳」と表現したりとお茶目な一面を見せてくれます。

しかし実は意外と大人の女性の役を担当することも多く、年齢に縛られない幅広い演技のできる声優さんとして重宝されています。

ユミル

出典はこちら

出典はこちら

cv:藤田咲

代表作:初音ミク(ボーカロイド)、伊波まひる(WORKING!!)、琴爪ゆかり(キラキラ☆プリキュアアラモード)
誕生日:1984年10月19日

偶然にも「顎の巨人」を継承し、陰ながらヒストリアの人生を支えた女性兵士ユミル。
そんな彼女の役を担当しているのは、女性声優の藤田 咲(ふじた さき)さんです。

キラキラ☆プリキュアアラモードの琴爪ゆかり役や、WORKING!!の伊波まひる役など人気キャラクターを多く担当している藤田さんですが…

やはり藤田さんの声といえば、ボーカロイドの初音ミクを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今や一般的になった合成音声ソフトに火をつけたのが、藤田さんの透き通るような声だったわけです。

日本中のボカロPたちが作った名曲の数々は、藤田さんの声なくしてはありえなかったといえるでしょう。

ハンネス

出典はこちら

出典はこちら

cv:藤原啓治

代表作:野原ひろし(クレヨンしんちゃん)、マース・ヒューズ(鋼の錬金術師)、ホランド・ノヴァク(交響詩篇エウレカセブン)
誕生日:1964年10月5日

トロスト区に多数の巨人が侵入してきた際、まだ幼かったエレンやミカサを連れて逃げた兵士がハンネス。
いつもは頼りないけどいざというときにはやる男…!という、彼のキャラ設定にピッタリな声を当ててくれたのが藤原 啓治(ふじわら けいじ)さんです。

藤原さんの声といえば、やはりクレヨンしんちゃんの野原ひろしを思い浮かべる方が多いんじゃないでしょうか。

幼い頃からクレヨンしんちゃんを見ていた層にとって、藤原さんの声ってすごく耳馴染みのある「父親の声」って感じがしますよね。

野原ひろし以外にも、鋼の錬金術師のマース・ヒューズや、Dr.STONEの石神白夜など、やはり父親属性のあるキャラクターを演じることが多い声優さんです。

ドット・ピクシス

ドット・ピクシス

出典はこちら

出典はこちら

cv:田中正彦

代表作:梅宮竜之介(シャーマンキング)、間柴了(はじめの一歩)、才賀正二(からくりサーカス)
誕生日:1954年10月1日

駐屯兵団の司令官にして、トロスト区を含む南側領土を束ねていた最高責任者のドット・ピクシス指令。
一言で言えば”曲者”な彼を演じているのは、男性声優の田中 正彦(たなか まさひこ)さんです。

田中さんはよくアニメ声優のお仕事を行っているのですが、どちらかといえば俳優寄りのお仕事をされている方です。

今でも劇団昴に所属しており、舞台俳優ならではの臨場感のある演技を声優業にも活かしています。役どころとしては、屈強でいかつい人物や、渋いおじさまを演じることが多いですね。

ちなみにご本人もイメージ通りの渋いおじさまだったりします。

エルヴィン・スミス

出典はこちら

出典はこちら

cv:小野大輔

代表作:古泉一樹(涼宮ハルヒの憂鬱)、セバスチャン・ミカエリス(黒執事)、空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)
誕生日:1978年5月4日

柔軟な思考力と高い統率力をもつ調査兵団の団長、エルヴィン・スミス。
調査兵団にとって居なくてはならない重要な存在だった彼を演じたのは、男性声優の小野 大輔(おの だいすけ)さんです。

小野さんは第2回声優アワードサブキャラクター男優賞・第4回声優アワード主演男優賞・アニメージュ第3回アニメグランプリ声優部門グランプリなど、数々の賞を受賞したベテランです。

また非常に女性人気が高い方で、女性誌の「an・an」で宮野真守さんと共に「イケメン声優」として紹介されたこともあります。

声までイケメンな小野さんの発声に、メロメロにされてしまった女性も多いのでは?

リヴァイ・アッカーマン

出典はこちら

出典はこちら

cv:神谷浩史

代表作:阿良々木暦(<物語>シリーズ)、折原臨也(デュラララ!!)、ぶりぶりざえもん(クレヨンしんちゃん)
誕生日:1975年1月28日

恐るべき力を持った巨人たちを単独で屠ることのできる”人類最強の男”こと、リヴァイ・アッカーマン。
進撃の巨人でも屈指の人気キャラであるリヴァイは、こちらも日本を代表する人気声優の神谷 浩史(かみや ひろし)さんによって演じられています。

神谷さんといえば、<物語>シリーズの阿良々木暦をはじめとしてニヒルな雰囲気のある男性役が似合う声優さんですよね。

また受賞歴では2008年に第2回声優アワードサブキャラクター男優賞を受賞したことを皮切りに、第6回~第10回までの声優アワードで最多得票賞を5年連続受賞、とうとう声優アワードで殿堂入りしてしまったスゴイ人です。

それだけスゴイ経歴をもつ神谷さんですが、実は「声優養成所だと知らずに青二塾に入所した」ということが声優になったキッカケなのだとか。人間、何がキッカケで才能が開花するのかわからないものですねぇ…

ハンジ・ゾエ

出典はこちら

出典はこちら

cv:朴璐美

代表作:エドワード・エルリック(鋼の錬金術師)、日番谷冬獅郎(BLEACH)、ロラン・セアック(∀ガンダム)
誕生日:1972年1月22日

エルヴィン・スミス亡き後、調査兵団の第14第団長の座に就いたハンジ・ゾエ。
現在の調査兵団を率いる彼女を演じているのは、女性声優の朴 璐美(ぱく ろみ)さんです。

朴さんは1998年にブレンパワードのカナン・ギモス役で声優デビュー。

老若男女問わず様々な役どころを演じている声優さんですが、鋼の錬金術師のエドワード・エルリックに代表される「声変わり前の少年」の役に定評があります。

もともと少年役は苦手だったそうなのですが、シャーマンキングで共演した高山みなみさんと林原めぐみさんのアドバイスのおかげで得意分野に変わっていったとのことです。

ちなみにハンジは女性…と見せかけて性別不明のキャラクターなので、中性的な声が出せる朴さんが起用された理由もわかりますね。

ナイル・ドーク

ナイル・ドーク

出典はこちら

出典はこちら

cv:勝杏里

代表作:土御門元春(とある魔術の禁書目録)、仙道ダイキ(ダンボール戦機)、加藤清澄(バキ)
誕生日:1977年7月3日

エルヴィン・スミスの同期にして、憲兵団の師団長を務めているナイル・ドーク。
原作でも未だ大活躍中のナイルを演じているのは、男性声優の勝 杏里(かつ あんり)さんです。

勝さんの声質は、他の声優さんが練習しても簡単には出せない独特の響きをもっています。
ドラゴンボールのフリーザの声でお馴染みの中尾隆聖さんの声と少し似ており、アニメやゲームで勝さんの声を聞いて「フリーザ様の声だ!」と勘違いしてしまう方も多い様子。

その独特の声は不気味な雰囲気を持った悪役のイメージにピッタリで、勝さんは数々の人気アニメで敵役としてゲスト出演しています。

進撃の巨人のナイル・ドークは、勝さんが演じるキャラクターの中では割とレアな善人寄りの役どころだったりしますね。

キース・シャーディス

出典はこちら

出典はこちら

cv:最上嗣生

代表作:クロス・マリアン(D.Gray-man)、雷斧アギト(フューチャーカード 神バディファイト)、脳無(僕のヒーローアカデミア)
誕生日:1980年1月18日

訓練兵団の鬼教官として、エレンたち第104期を厳しく育て上げたキース・シャーディス教官。
実は調査兵団の第12代団長でもあった彼を演じたのは、男性声優の最上 嗣生(もがみ つぐお)さんです。

最上さんは様々な人気アニメを盛り上げる、いわば裏方的な役割が上手い声優さんですね。
メインキャラを演じる機会は少ないですが、その代わり敵役やモブキャラ役でものすごい数のアニメ作品に参加しています。

個人的には、この素晴らしい世界に祝福を!2に出てきた懺悔の男のイメージが強いです。見た方ならわかると思いますが、ハンスVSアクアの最終決戦で「エリスの胸はパッド入りーーー!!」って叫んでたアノ人ですね(笑)

グリシャ・イェーガー

出典はこちら

出典はこちら

cv:土田大

代表作:スカルマン(スカルマン)、ガネーシャ(ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか)、河地大吉(うさぎドロップ)
誕生日:1972年2月8日

エレンとジークの父親であり、元「進撃の巨人」の継承者であるグリシャ・イェーガー。
本作の影の主人公的な存在であるグリシャを演じているのは、男性声優の土田 大(つちだ ひろし)さんです。

土田さんはもともと声優ではなく俳優を本業にしていた方です。
忍者戦隊カクレンジャーでニンジャブルー(サイゾウ)役を演じていた方…といえば、きっと30代前半の人には伝わるでしょう。

今でも宇宙戦隊キュウレンジャー・獣電戦隊キョウリュウジャー・侍戦隊シンケンジャーなど、数々の戦隊物に「声優として」かかわっていらっしゃいます。

フロック・フォルスター

出典はこちら

出典はこちら

cv:小野賢章

代表作:黒子テツヤ(黒子のバスケ)、芥川龍之介(文豪ストレイドッグス)、ジョルノ・ジョバァーナ(ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風)
誕生日:1989年10月5日

ウォール・マリア最終奪還作戦から調査兵団に入団した新兵、フロック・フォルスター。
原作ではエレンの思想を体現するイェーガー派の一員にもなっている彼を演じているのは、男性声優の小野 賢章(おの けんしょう)さんです。

小野さんが声優の世界に携わるキッカケになったのは、上でもご紹介した忍者戦隊カクレンジャーでした。

カクレンジャーを見て児童劇団に入り、劇団四季が行うミュージカル・ライオンキングで子供時代のシンバ役を務めながら演技力を磨き上げていったのだそう。

その演技力を活かしてハリー・ポッター役の日本語吹き替え担当に抜擢…小野さんはそうした輝かしい子役時代を経て、今や押しも押されぬ人気声優になっていったのです。

マルロ・フロイデンベルク

出典はこちら

出典はこちら

cv:杉田智和

代表作:坂田銀時(銀魂)、キョン(涼宮ハルヒの憂鬱)、エスカノール(七つの大罪)
誕生日:1980年10月11日

マルロ・フロイデンベルクは、憲兵団から調査兵団に移籍した生真面目な兵士です。
調査兵団によるクーデター成功の立役者ともいえる重要な役どころの彼を演じたのは、男性声優の杉田 智和(すぎた ともかず)さんです。

もはや国内のアニメ好きなら、知らない人はいないんじゃないかと思えるほど超メジャーな声優さん。

銀魂の坂田銀時の声のイメージが一番印象深いかと思います。ダンディだけど、なぜか面白味のある独特な声質が魅力ですよね。

本人もかなり面白い方なので、最近では声優の枠を飛び越えてネット配信番組などに出演することも多くなってました。人気が高まりすぎて、もはやマルチタレントの様相を呈しています。

ケニー・アッカーマン

出典はこちら

出典はこちら

cv:山路和弘

代表作:シルバーファング(ワンパンマン)、刻刻(じいさん)、ヴィンセント・ヴァネッティ(91Days)
誕生日:1954年6月4日

人間の体のままで巨人と対等に渡り合う力を持つアッカーマン一族の一人、ケニー・アッカーマン。
彼のイメージ通りにニヒルな悪役を演じてくれたのは、男性声優の山路 和弘(やまじ かずひろ)さんでした。

山路さんは声優としても長らく活躍されていますが、俳優としての活動歴もかなり長い方ですね。
また映画の吹き替えにも多く携わっており、特にジェイソン・ステイサム役の吹き替えは20年以上もほぼ専属で担当し続けています。

アニメではダンディなおじさまを演じることが多く、ワンパンマンのシルバーファング91Daysのヴィンセント・ヴァネッティなども山路さんの声となっています。

ロッド・レイス

出典はこちら

出典はこちら

cv:屋良有作

代表作:さくらヒロシ(ちびまる子ちゃん)、則巻千兵衛(ドクタースランプ)、ビスケット・オリバ(グラップラー刃牙)
誕生日:1948年3月15日

ロッド・レイスは、エルディア人の命運を握る真の王家・レイス家の当主だった人物です。
どこか不気味で狂信的なロッド・レイスの迫力を存分に引き出してくれたのが、男性声優の屋良 有作(やら ゆうさく)さんです。

進撃の巨人を担当した声優さんの中でも大ベテランの一人ですね。

1975年にはすでに声優デビューを果たしており、ちびまる子ちゃんのさくらヒロシドクタースランプの則巻千兵衛など、馴染み深いキャラクターの声も多く担当していらっしゃいます。

ロッド・レイスもそうですが、屋良さんは父親キャラに声を当てることがすごく多いですね。

フリーダ・レイス

出典はこちら

出典はこちら

cv:日笠陽子

代表作:秋山澪(けいおん!)、ステファニー・ドーラ(ノーゲーム・ノーライフ)、八神コウ(NEW GAME!)
誕生日:1985年7月16日

レイス家が代々受け継いできた「始祖の巨人」を継承するも、グリシャに敗北してその力を奪われてしまったフリーダ・レイス。
そんな数奇な人生を歩んだ女性を演じたのが、女性声優の日笠 陽子(ひがさ ようこ)さんです。

日笠さんは新人時代から歌唱力の高さに定評があった声優さんですね。

彼女の人気を不動のものにしたけいおん!の秋山澪をはじめとして、歌を歌うキャラクターを演じさせれば天下一品の演技力を見せてくれます。

個人的にはソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイルオンラインで神崎エルザ役をやった時の日笠さんの歌声に痺れました。

ウーリ・レイス

ウーリ・レイス

出典はこちら

出典はこちら

cv:古川登志夫

代表作:ピッコロ(ドラゴンボール)、ポートガス・D・エース(ONE PIECE)、諸星あたる(うる星やつら)
誕生日:1946年7月16日

レイス家が受け継ぐ巨人「始祖の巨人」を、フリーダの前に持っていた人物がウーリ・レイスです。
ケニー・アッカーマンをも凌ぐ高い戦闘能力を持った彼を演じたのは、男性声優の古川 登志夫(ふるかわ としお)さんです。

もはや声優ファンでなくても知っているレベルの大ベテランですね。御年70歳を超えてまだまだ現役!
ドラゴンボールのピッコロや、ONE PIECEのエースなど、老若男女が知っている超人気キャラクターの声をいくつも担当しています。

「強い男の中に優しさを盛り込む」というモットーの通り、古川さんの演じるキャラクターは強くてカッコよく、それでいて頼りがいを感じさせるのが特徴です。

エレン・クルーガー

出典はこちら

出典はこちら

cv:松本保典

代表作:波野ノリスケ(サザエさん)、ジャン・ハボック(鋼の錬金術師)、野比のび助(ドラえもん)
誕生日:1960年2月7日

エレンから見て先々代の「進撃の巨人」にして、エルディア人の復権をもくろむスパイ「フクロウ」でもあったエレン・クルーガー。
そんな重要な役どころを演じてくれたのが、男性声優の松本 保典(まつもと やすのり)さんでした。

進撃の巨人ではシリアスなシーンにしか登場しないエレン・クルーガー役でしたが、松本さんは二枚目キャラを演じるのも上手いです。

サザエさんのノリスケ役であったり、鋼の錬金術師のハボック少尉だったり、どこか抜けている人物を演じるバランス感覚がすごく良いという印象があります。

ちなみに松本さん、ノリスケ役が決まったのと同時期にONE PIECEへのレギュラー出演が決まっていたそうなのですが…サザエさんとONE PIECEの収録日がかぶっていたため、泣く泣くONE PIECEの方を断ったのだとか。

もしもONE PIECEを選んでいたら誰を演じていたんだろう…と気になってしまいますね。

まとめ

というわけで今回は【進撃の巨人】キャラの声を担当している人気声優について解説してみた!と題し、進撃の巨人でキャラクターを演じている声優さんたちについてご紹介いたしました!

本当はまだまだご紹介したい声優さんもいたのですが…なにせキャラ数の多い進撃の巨人なので、今回はこんなところでやめておこうと思います(笑)

あらためて声優さんを確認していくのもなかなか面白かったんじゃないでしょうか。
アニメファンなら知っていて当然!というレベルの情報もあれば、調べてみないとなかなかわからない情報もたくさんありましたね。

声優さん一人一人にドラマがあるので、もっと詳しく知りたい方は声優さんの公式ホームページやブログをチェックしてみても面白いかもしれませんよ!

その他、進撃の巨人関連のネタもよかったら♪

その他、声優まとめ関連のネタもよかったら♪



popIn広告 関連広告

こちらもよく読まれています♪

よかったらシェアおねがいします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加