ワンピース 懸賞金ランキング!72位~1位 2019最新完全版 ※原作

popIn広告

ワンピース 懸賞金ランキング 20~11位



第20位 タマゴ男爵→ヒヨコ子爵→ニワトリ伯爵

懸賞金 4億2900万ベリー


出典はこちら

所属 ビッグマム海賊団戦闘員
懸賞金の推移 なし

タマゴ男爵はビッグマム海賊団の戦闘員です。

組織の中でもそれなりに優秀だと思われますが、他の幹部連中と違ってビッグマムとの血縁関係は無い様子。

ハンプティダンプティを彷彿とさせるような卵型の体型が特徴的ですが、その正体はタマタマの実のタマゴ人間

体が真っ二つになるようなダメージを受けるとタマゴが孵化し、ヒヨコ男爵に変身することができます。

ヒヨコ男爵の状態で致命傷を受けるとさらにレベルアップしてニワトリ男爵となり、この状態が彼のベストコンディションとなります。

Tamago utilise son fruit du démon contre Pedro – One piece 820 [VOSTFR] HD

第19位 ジンベエ(海峡のジンベエ)

出典はこちら

懸賞金 4億3800万ベリー

所属 リュウグウ王国ネプチューン軍兵士→タイヨウの海賊団2代目船長→ビッグマム海賊団傘下→麦わらの一味
懸賞金の推移 7600万ベリー→2億5000万ベリー→4億3800万ベリー

ジンベエは元タイヨウの海賊団船長で、かつては王下七武海の一人に数えられた海賊です。
その後、王下七武海脱退→ビッグマム海賊団傘下という経験を経て、現在は麦わらの一味に所属しています。

麦わらの一味では一番の後輩ということになりますが、あらためて確認すると実はけっこう昔から登場し続けているので経歴の変動も多いですね。
タイヨウの海賊団の船員だった頃は7600万ベリー、それから王下七武海になる頃には2億5000万ベリーまでアップし、現在は4億3800万ベリーまで懸賞金額を上げました。
しばらくの間「4億超え」とだけ説明されていた期間もありましたが、最近になって正確な金額が公開されています。

海軍の立場になって考えてみると、ジンベエに高額の懸賞金をかける理由も何となくうなずけますね。
経歴だけを見るとジンベエは元王下七武海の実力者であり、四皇ビッグマムや麦わらの一味など悪名高い海賊団に取り入っている魚人ですから。
ンペルダウンからの脱走や、ビッグマムへの裏切りといった大胆な行動の数々も、ジンベエの懸賞金額を高める一助になっていることは間違いありません。

第18位 ユースタス・キッド(キャプテン・キッド)

懸賞金 4億7000万ベリー


出典はこちら

所属 キッド海賊団船長
懸賞金の推移
 3億1500万ベリー → 4億7000万ベリー

「最悪の世代」の一人で、キッド海賊団の船長を務める男です。

どんな悪魔の実を食べたのかは不明ですが、周囲にある金属類を引き寄せて操ることができるため「磁力をコントロールする能力者」なのではないかと推測されます。

ユースタス・キッドは最悪の世代のなかでも飛び抜けて好戦的な性格で、勝ち目の薄い相手に対しても怯むことなく襲い掛かります。

ただ、そんな後先考えずに戦いを挑む性格が災いしたのか、ビッグマム海賊団に挑んで返り討ちにされたり、カイドウ本人にボコボコにされたり、挙句の果てには左腕を失ってしまったり…なかなか壮絶な海賊人生を歩んでいるようです。

第17位 エドワード・ウィーブル(自称”白ひげJr”)

元懸賞金 4億8000万ベリー

第9位 エドワード・ウィーブル(自称"白ひげJr")

出典はこちら

所属 王下七武海
懸賞金の推移 なし

世界最強の海賊だった白ひげの死後、突如として現れた”自称・白ひげの息子”です。

確かに「エドワード」という苗字は一致していますが、これが本名であるという保証はありません。

海軍や元白ひげ海賊団のメンバーからも「本当の息子ではない」と思われているようです。ちなみに本人はかなり頭が悪く、”自称・白ひげの愛人“である母親に騙されて「自分は白ひげの息子だ!」と思い込んでいるという線が今のところ濃厚です。

ただし実力は白ひげの息子を名乗るにふさわしいレベルで、4億8000万ベリーもの懸賞金を引っさげて王下七武海入りしたあと、かつての白ひげ海賊団を次々に潰して回っています。

[ONE PIECE]自称白ひげの息子エドワード・ウィーブル登場

第15位 トラファルガー・ロー(死の外科医)

懸賞金 5億ベリー

出典はこちら

所属 ハートの海賊団船長 元王下七武海
懸賞金の推移 4億4000万ベリー → 5億ベリー

ハートの海賊団船長にして、一時は王下七武海の座についていた海賊です。

対ドンキホーテ・ドフラミンゴのために自身と同じく「最悪の世代」に数えられるルフィに協力を仰ぎ、同盟関係を結んだことで再び5億の懸賞金がかけられました。

一定範囲にいる生物の体を自在に改造できるオペオペの実の能力を持ち、豊富な医学知識を駆使して戦うスタイルから「死の外科医」の異名をとっています。

世間的には残忍な男として知られる海賊ですが、悪意の矛先はドフラミンゴなどごく一部の敵だけに向けられており、必要とあらば他の海賊と協力関係を結ぶ柔軟性があります

また海軍や麻薬中毒の子供たちを助けるような行動をとることもあり、実は根っからの悪人でないことも示唆されています。

Law Vs Doflamingo English Sub

第15位 バーンディ・ワールド

出典はこちら

懸賞金 5億ベリー

所属 ワールド海賊団
懸賞金の推移 2億ベリー→5億ベリー

バーンディ・ワールドは、30年前にインペルダウンに投獄された過去の大海賊です。
触れた物の大きさやスピードを100倍にまで増加させる「モアモアの実」の能力者であり、海軍の軍艦数隻をたった50秒で全滅させるほどの武力を備えています。
とにかく派手に暴れて何もかもを破壊する戦闘スタイルで恐れられ、「世界の破壊者」という異名が付けられていたことも。

そんなバーンディ・ワールドにかけられていた懸賞金は5億ベリー。
現役当時はゴール・D・ロジャーや白ひげと同列の海賊だったことを考えると、この懸賞金ではむしろ少なすぎる気もしますね。
犯した悪事に対して懸賞金額が低めなのは、懸賞金が上がりきる前にインペルダウンに収監されたことが原因だったのではないかと推測されます。

また、バーンディ・ワールドは天竜人にも容赦しない海賊として知られており、作中でも天竜人の護衛船に襲い掛かる彼の姿が描かれていました。
天竜人の機嫌を少し損ねただけで殺されるような世界で、天竜人に真っ向から襲い掛かるバーンディ・ワールドは、世界政府にとってトップクラスの危険人物であることは間違いありません。
もしもインペルダウンに収監されずに海賊活動を続けていたら、白ひげを超える懸賞金額の大海賊になっていたかもしれませんね。

第13位 チンジャオ(ドン・チンジャオ)(錐のチンジャオ)

元懸賞金 5億ベリー以上


出典はこちら

所属 元八宝水軍第12代棟梁 → 麦わらの一味傘下
懸賞金の推移 なし

花の国を拠点に活動するギャング集団「八宝水軍」の前棟梁です。

現在は後継のサイに棟梁の座を譲って隠居していますが、今でも現役海賊に引けを取らない実力を有しています。

かつては「錐のチンジャオ」の名で恐れられ、錐のように尖った頭から繰り出される頭突きは巨大な氷の大陸を真っ二つにしてしまうほど強烈でした。

当時の懸賞金は5億を超えていたと名言されていますが、現役を退いた今の懸賞金がいくらなのかは明らかになっていません。

ただ、海軍に捕まったという描写は無いので懸賞金は今でも有効の可能性があります。

One Piece Don chinjao vs Luffy vs Cavendish

第13位 シャーロット・リンリン(ビッグマム)

出典はこちら

懸賞金 5億ベリー以上

所属 ビッグマム海賊団船長・トットランド女王
懸賞金の推移 5000万ベリー→5億ベリー→不明

シャーロット・リンリン、通称ビッグマムは四皇の一人です。
四皇の中で唯一の女性…なのですが、その迫力ある風貌から女性らしさは微塵も感じられません。
ほとんど怪獣のような生物と化しており、傍若無人な立ち振る舞いには実の子供や部下たちですらも恐れおののくほど。

現在のところ四皇の中で詳細な懸賞金額が判明しているのは黒ひげだけで、ビッグマムを含めた残り3名の懸賞金は明らかになっていません。
ではこの「5億ベリー以上」という金額がどこから来ているのかというと、これはビッグマムが子供の頃にかけられていた懸賞金を元に算出したものです。

ビッグマムには6歳の時点で5000万ベリーもの懸賞金がかけられ、その後瞬く間に5億まで上がったことが示唆されていました。
子供の頃すでに5億超えの賞金首であり、現在は四皇になっているのだから間違いなく5億ベリー以上になっているだろう…というのがこのランク付けの根拠となります。
まぁ実際には5億どころでは済まないでしょうね。同じく四皇の黒ひげの懸賞金に照らし合わせて考えると、実際の懸賞金額は優に20億を超えているものと思われます。

第11位 リトルオーズJr.

出典はこちら

懸賞金 5億5000万ベリー

所属 リトル海賊団船長
懸賞金の推移 なし

リトルオーズJr.は、白ひげ海賊団傘下のリトル海賊団の船長です。
伝説の魔人オーズの子孫であり、巨人族の倍以上はあろうかという巨体の持ち主ですね。

頂上戦争に参加した際には、その桁外れに巨大な体躯で海軍兵士たちを震撼させたリトルオーズJr.。
最終的には王下七武海からの連続攻撃を受けて敗北してしまいましたが、相当の実力者でなければ対処できない強者だったことは間違いありません。
そもそも頂上戦争の序盤で海軍の包囲網が突破されたのは、リトルオーズJr.の活躍があってこそのものでした。

海賊にしては優しい気性の持ち主なので民間人相手に暴れまわったりはしなかったと思われますが…
しかしあれだけの巨体、その気になれば村や街のひとつふたつ潰すのに一日はかからないでしょう。
そう考えると、リトルオーズJr.に5億5000万ベリーの懸賞金がかけられていることにも納得はいきます。

第11位 ポートガス・D・エース(火拳のエース)

出典はこちら

懸賞金 5億5000万ベリー

所属 スペード海賊団→白ひげ海賊団2番隊隊長
懸賞金の推移 なし

ポートガス・D・エースは白ひげ海賊団2番隊隊長です。
ルフィやサボと共に幼少期を過ごし、血は繋がっていませんが「兄弟」として互いに認め合っています。

すでに作中では死亡してしまった人物ですが、生前の彼には5億5000万ベリーもの懸賞金がかけられていました。
四皇・白ひげ海賊団の幹部だったことを考えると懸賞金が低いような気がしますが、エースが海賊として活動していた期間はわずか3年であり、他の四皇幹部と比べてもズバ抜けて若いことを考えると5億5000万ベリーは充分すぎる金額だと思われます。

ちなみにエースは白ひげのことを「オヤジ」と呼んで慕っていますが、彼の本当の父親はゴール・D・ロジャーです。
この事実はエースが死亡する直前に明かされましたが、もしもあの戦争でエースが生き残っていたら、この事実がエースの懸賞金額をさらに大きく跳ね上げることになったでしょう。

いよいよ最新のトップ10位~1位まで、

ルフィローサボビッグマム海賊団のメンバーたちも続々登場!



popIn広告 関連広告

こちらもよく読まれています♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ワンピ信者 より:

    ナミは最初の仲間ではありませんよ
    ゾロです

  2. imples より:

    >ワンピ信者さん
    完全に間違えておりました(>_< ) 修正させていただきました。 https://www.manga-anime-hondana.com/post-1137/2/#46

    ご指摘ありがとうございました!!

  3. 匿名 より:

    スナックとペロスペロー入ってないねん

  4. 匿名 より:

    ペロスペロー7億、スナック6億がはいってない。

  5. 匿名 より:

    ペドロさんの3億8200万もいないやん…

  6. 匿名 より:

    ナミは一時的な2番目、実質ゾロが2番目の仲間ですよ

  7. 匿名 より:

    ペロスペローとかちゃんと本人が作中で言ってるのに更新されなくて、何で黒ひげだけ更新されるの?

  8. シャンブルズ より:

    ビブルカードに載っているやつも更新してください!

  9. うんち より:

    なんでこのgmランキングはスナック入れてないんだ?

  10. ウんこ より:

    少ないです。!!!

  11. ウんこ より:

    少ないので、もっと書いて下さい。!

  12. キング より:

    スナック、サボちょっと早いかもだがクィーン入れてください。
    にわかでやってるくらいならやめてくださいね。

  13. 匿名 より:

    確かチョッパーの次にいるはずのべポがいないのはなぜ?

  14. 匿名 より:

    麦わら海賊団×→麦わらの一味◯
    早害のジャック×→旱害のジャック◯

    はい。にわかですね。