人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

東京グール:re62話あらすじ・ストーリー紹介【鉢川班全滅?】  

スポンサーリンク

~週間ヤングジャンプ最新刊~
「東京グール:re」最新話の62話あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

エトが佐々木ハイセに逮捕される・・・?

そして流島にて窮地に陥った鉢川班の運命は?

東京グール:re62話あらすじ・ストーリー紹介

出版社に原稿を持ち込む14歳のエト

塩野
「きみ何歳?」

エト
「14・・・です」

塩野
「ふゥーん」
(分厚・・・500ページはあるぞ
会食の準備もあるし、山田先生の打ち合わせにも行かねば・・・
後回し)

「・・・君さ、パッと見、文章力はあるかもしれないけど」

エト
「はい なんでも言って下さい」

そして
「突然のポエティックが多いし、表現が冗長な気がするー」との指摘を話しはじめる塩野

塩野
「ーま、年齢のわりには書けてるんじゃないかな
これ僕の名刺ね まあ、またなにかあったら連絡してよ」

エト
「・・・いま
読まないんですか?」

塩野
「なんページあると思ってるの?
・・・わかんないけど 僕も予定があるから」

エト
「でもまだ15分しか・・・」

塩野
「ぼくらにはその “15分” が命取りなの
・・・一応預かるけど今日はここらへんで!」

エト
「はぁ・・・わかりました」

視線を落としながらため息をつくエト。

スポンサーリンク

エトが帰った後の出版社

編集長
「んっ 塩野、これなんだ?」

塩野
「いえねえ!中学生がこの前ですね
持ち込んできたんですよ」

編集長
「ちょっと見ていいか」

塩野
「ええどうぞ〜
年齢にしては書けてるけどって感じッスね
それより会食の会場どうします?」

編集長
「・・・お前
これちゃんと読んだのか?」

塩野
「ええ、ぜんぶじゃないですけど」

編集長に胸ぐらをつかまれる塩野。

編集長
「テメエ馬鹿野郎なのか!?
いまのお前は札束を便所に捨てたようなもんだ!!」

塩野
「へ・・・」

編集長
「今すぐその子に連絡とれ!!」

塩野
「ひゃ・・・ひゃい・・・!!」

出版社を後にし街中を歩いているエト

エト
「文章、金になると思ったんだけど
編集の見る目がないこともあるんだ
メンドくさ
・・・はぁ」

有り金を確認するエト。
小銭しか持ってない様子。

エト
「日銭 日銭」

すると警官と男が言い争っている場面に出くわす。


「だから!向こうからぶつかってきたんだって!」

警官
「はいはい・・・
なるほどねえ 詳しいことは署で・・・」


「今急いでるから!」

警官
「はいはいなるほどねえ・・・」

ちらりと横を見ると道路脇にはパトカーが一台と助手席にもう一人の男が乗った車が一台。

助手席の男
「まだかよ〜アイツ・・・」

コンコン

助手席の窓を叩くエト。
エト
「あの
警察の方が呼んでますよ・・・」

助手席の男
「ええっ・・・俺も・・・!?
チッ・・・んだよ・・・ったく・・・」

男が下りて向かうと、車内の財布をエトが盗む。

助手席の男
「運転してたのコイツだろ・・・
俺は中で待ってろってさっき・・・!
・・・は?
呼んでない?」

古神社で先ほどの盗んだお金を仲間のグールたちに見せているエト

グールたち
「オオーッ!!」

「すげ・・・」

「どうやってこんなに稼ぐんだよ・・・」

「やっぱエトは俺らと違うな・・・」

「 “白鳩” を襲ったときもすごかったしな・・・ー」

エト
(もっと力が
もっと数が要る
じゃないと “奴ら” には・・・)

母のものだと思われるノートを手元で開くエト。

エト
(かあさん・・・)
「私は功善(父)のようには逃げない・・・)

また出版社を訪れようとしているエト

エト
(アイツに原稿返してもらわないとナー
どうすっか)

そこへエトを見つけた塩野が慌てて走ってくる。

塩野
「きみっ
きみっ!!」

エト
「ー」

塩野
「なんで原稿に連絡先書いてないのッ!!」

エト
(出たボンクラ)
「ないので 連絡先」

塩野
「ええっ!?
・・・まさかきみが “施設の子” だったとはね・・・」

エト
「はい
施設の方には内緒にしたかったので・・・
携帯電話はもってないし・・・」

塩野
「なるほどね・・・
よしっ!」

すると塩野はエトに携帯を渡し、一流の作家にすると約束を交わす。

塩野
「はい!僕名義で買ったから連絡はこれで
支払いも任せて」

エト
「ありがとうございます」

塩野
「ーぼくが君を一流の作家にしてあげる!
ぼくは塩野瞬二・・・君は?」

エト
(誰が・・・
なんだって?)
「・・・エト」

塩野
「エトちゃんね、苗字は?」

エト
(・・・芳村)

~次ページへ続く~

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする