人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

【思い思われふりふられ】4話あらすじ・ストーリー紹介

スポンサーリンク

~別冊マーガレット2015年10月号~

「思い、思われ、ふり、ふられ」第4話のあらすじ・ストーリー紹介です☆

次回5話のあらすじはこちら

咲坂伊緒先生のインタビュー特集はこちら

あらすじと主な登場人物まとめはこちら

前回、ついに理央のことが好きだという気持ちを認めた由奈。
今回はどういう展開になっていくのでしょうか。

思い 思われ ふり ふられ4話(piece4)あらすじ・ストーリー紹介

理央と母親

帰宅した理央。
母親がおかえりと出迎えてくれます。
母親はパートが今日は早番で 普段よりも早く帰れたようです。

理央が部屋に入ると 机の引き出しが開いています。
どうやら母親が部屋を勝手にいじった様子。
それに苛立ったのか ベッドにカバンを投げつける理央。

朱里と和臣

前回の岡崎さんの彼氏の件で和臣に何かお礼がしたいと思っている朱里。
朱里は和臣と公園へ行きます。

ブランコに乗りながら 和臣と話をしていて改めて和臣のことをいい子だなと感じる朱里。
そんな朱里は 由奈と付き合えばすごくいいカップルになりそうだと和臣に伝えます。
それはないと返す和臣ですが 朱里はさらに薦めようとしてきます。

和臣
「じゃあさ 俺のこと好きになって」

和臣の突然の大胆発言に驚き固まってしまう朱里。

和臣
「ね?こんな事言われたって
好きになったりしないでしょ?」

どうやら和臣は朱里に告白したのではなく 例え話を引き合いに出しただけのようです。
由奈は幼なじみだから余計に恋愛に発展することはないと言い切る和臣。

そんな和臣は逆に朱里のことをいい子だと褒めますが いい子ではなく傲慢なところがあると返す朱里。

和臣
「ホントにやな奴だったら 自分のそういう部分は黙ってるよ
山本さんはちゃんといい子だよ」

その和臣の言葉に朱里は勇気づけられるのでした。

スポンサーリンク

次の日

理央のことを好きだということを朱里に打ち明ける由奈。
由奈の気持ちを尊重したいと思いつつも、由奈のことを心配している朱里。

朱里
「理央を好きになるって事は
しょっちゅうああいう場面に耐えなきゃなんないって事だよ?」

朱里が指差す方向を見ると、理央が他の女子と話をしています。
一瞬ひるみながらも、それでも自分は好きでいるだけでいいと返す由奈。

そんな由奈に対し、理央の姉として何か力になってあげたいと考える朱里。
そんな中、由奈は理央がいい感じになっていた先輩と何か言い争っているのを見かけます。
ひとりになった理央に話しかける由奈。

由奈
「・・・大丈夫?ケンカ?」

理央の説明によると、その先輩とは結局付き合わないことにしたそうです。
実は先輩には彼氏がいて 理央はずっと天秤にかけられていたのでした。
しかし、それ自体は理央にとってたいした問題ではなく、問題なのはその彼氏より自分を選んでほしいという意欲が湧いてこなかったという理央。

理央
「それくらいの気持ちになったのって 一度しかないけど
あんな気持ちになれること もうないのかなー」

由奈
「その人には・・・フラれちゃったの?」

理央
「ううん 告白する前にいなくなった
いるけどいない」

理央の”いるけどいない”という意味深な発言が気になる由奈。

スポンサーリンク

勉強会

由奈の恋を応援しようと 朱里は理央を誘って中間テストのための勉強会を理央の部屋で開きます。
由奈と理央をふたりきりにしてあげようと朱里は気を使ってコンビニへと出かけます。

理央がカバンから教科書を取り出すとラブレターが落ちます。
別の学校の子からもらったものだけど 断るつもりだと言う理央。

由奈
「同じ高校の人じゃないなら
わざわざ振って傷つけなくてもいいんじゃないかな・・・」

理央
「え・・・それ 本気で言ってるの?
ちゃんと断ってもらわないと ずっと気持ち引きずっちゃうじゃん」

由奈にも考えがあるように 理央にも理央なりの考え方があるんだと思う由奈。
そんな由奈に今度は理央が質問します。

理央
「で 由奈ちゃんはいつ好きな奴に告白するの?」

由奈
「あえて告白する意味も勇気もない・・ってことかな」

焦りながら理央に言う由奈。

理央
「そういうのって”告白出来ない”って言わない
俺の場合とは違う」

由奈
「理央くんの場合ってどんなの?」

理央
「んーそれは言えなーい
秩序が乱れるから」

と、はぐらかす理央。

由奈
(秩序?)

由奈が不思議がっていると、理央の母親が心配そうに突然部屋に入ってきました。

母親
「朱里!?」

部屋にいるのが朱里じゃないとわかった母親は安心したような感じです。
そこにちょうどコンビにへ行っていた朱里が帰ってきます。
何だか様子がおかしいことに感づいた朱里は突然母親に向かって叫びます。

朱里
「いい加減にしてよ!!
お母さんが考えてるようなこと 理央は絶対しないってば!
そんなに心配なら なんで理央のお父さんと再婚なんかしたの」

どうやら、朱里と理央は血の繋がった本当の姉弟ではなく、両親の再婚によって姉弟になった様子。

ここで由奈はさっきの理央の言葉を思い返します。

『秩序が乱れるから』

由奈
(もしかして 理央くんが告白できなかった人って・・・
朱里ちゃんなの?)

~思い 思われ ふり ふられ5話へ続く~

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする