麦わらの一味の10人目の仲間になるのは誰?伏線考察予想まとめ最新版

popIn広告



麦わらの一味の10人目の仲間になるのは誰?徹底考察 続き

魚人海賊団船長 ジンベエ

魚人海賊団船長 ジンベエ

出典はこちら


元王下七武海。白ひげ海賊団との戦争への参加要請を拒否したため、インペルダウンに投獄、七武海の称号を剥奪されました。

魚人島に平和をもたらした白ひげに多大な恩義を感じているようです。
インペルダウンにてルフィと出会い、以後しばらくの間行動を共にしていました。頂上決戦では赤犬からルフィを守るために重症を負う場面も。

エースが死んだことにより不安定になったルフィを一喝するなど、一番大変な時期にそばにいてくれた、ルフィにとっての大恩人のようです。

2年後の魚人島編において、ホーディジョーンズに勝利するも重傷を負ってしまったルフィに、献血を行ったことによってルフィからさらに好感を持たれ、一味へ誘われました。

しかし自身の海賊団がビッグマムの傘下にあることから、一味入りを少し待ってほしいとのことで現在保留中のようです。

ルフィはこれまで有言実行してきた男なので、ジンベエの加入はほぼ確定だと思われます。

暴君 バーソロミュー・クマ

**出典**http://img01.deviantart.net/12a5/i/2010/068/4/2/bartholomew_kuma_by_thegrane.jpg


ニキュニキュ(2929)の実の能力者。

七武海の1人として知られているがその実、革命軍の幹部でした。

シャボンディ諸島において、黄猿、戦桃丸率いる海軍に追い詰められた麦わらの一味を、そのニキュニキュの実の能力を用いて、世界各地に逃がしてくれました。
また、その後2年間、麦わらの一味がシャボンディ諸島に再集結するまでの間、たった1人でサイザンド・サニー号を守ってくれていました。

ここまで麦わらの一味のために体を張ってくれたクマさんを仲間に引き入れない理由はない!と思うかもしれませんが、実はクマさん、Dr.ベガパンクによってすでに全身サイボーグ化されていたんですね。

よって自我がなくなってしまったので、これからは完全な敵として大きな障害になってしまいそうです。。。

また、麦わら海賊団には船員それぞれに役割が与えられています。
サンジならコック、チョッパーなら医師など、クマさんのサイボーグはフランキーと設定がかぶってしまいますし、七武海の称号は、元とはいえジンベエとかぶってしまいます。

よってクマさんが麦わらの一味に入る線は薄いかもしれません。
ただし、2と9にまつわる能力を持っているので、数字の法則という意味では一番可能性があります。

今後の展開に注目です!

狐火の錦えもん

**出典**http://neoapo.com/images/character/19942/09eb9097aabd7597ffdacce93c81f3da.jpg


近頃、麦わらの一味への加入が有力だといわれているのがパンクハザード編から現在まで行動を共にしている狐火の錦えもんです。

ワの国の侍で、その剣技は炎を切り裂くほど。
はぐれてしまった自分の仲間を探すために一味と共に行動をしています。

さて、なぜ錦えもんが一味に加入するのではないかと予想されているかというと、主にその能力のせいですね。

自身も悪魔の実のことを知らずに食べてしまったそうで、木の葉を服に変えてしまう能力があります。
まだその実の名前は明らかになってはいませんが、仮に「フクフクの実」という名前ならどうでしょう?

フクフク→2929になりますよね。
しかし麦わらの一味にはすでに剣士が2名いるんですよね。。
役職がかぶってしまうのでこのままだと仲間に入るのも微妙なところです。

まだまだ謎が多いので、もしかしたら他にない特技等があるのかもしれません。歌舞伎が舞えるとか。

以上、候補者3名を考察しましたが、既出のキャラでこれ以上有力なキャラクターはいなそうですね。

仮に錦えもんかクマさんのどちらかが仲間になった場合は、数字の法則で言うと2929の数字がかぶる可能性が非常に低いので、残ったもう一方は今後仲間になることはまずないでしょう。

また、もしかしたら10人目のメンバーはまだ未登場の新キャラかもしれません。
これからの展開に期待しましょう!!

海賊王になった「10年後のルフィたち」

【ワンピース】海賊王になった「10年後のルフィたち」を描いたイラストが衝撃すぎる、、、

麦わらの一味 強さランキングはこちら

ワンピース海賊団別の強さランキングはこちら

王下七武海 強さランキングはこちら

ワンピースの実在した海賊まとめはこちら

マキノさんの子供の父親は?考察まとめはこちら



popIn広告 関連広告

こちらもよく読まれています♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする