黒ひげティーチの強さや隠された謎が判明!?―考察―

popIn広告

頂上決戦後、現在のメンバーに

黒ひげはインペルダウンに侵入し、レベル6の凶悪犯罪者を解放。

そして、そこにいた強者たちを次々と仲間にし、さらにインペルダウン署長のマゼランにも致命傷を負わせるなど、やりたい放題。

前述の仲間たちに加えて、現在の黒ひげ海賊団のメンバーがこちら

・シリュウ(元インペルダウンの看守長で、2番船船長を務める)

・サンファン・ウルフ(巨大戦艦の異名を持つ超巨大な人物)

・バスコ・ショット(大酒飲み)

・アバロ・ピサロ(悪政王の異名を持ち、やや歳をとっている人物)

・カタリーナ・デボン(ラテン系でごつい女性)



黒ひげの謎に迫る!様々な伏線

まずは伏線を。このシーンから。

*画像出典:http://x28n.com/images/1/blacks0.jpg

モックタウンで黒ひげとルフィ・ゾロが対峙した後のシーン。

最初は普通に黒ひげにたくさんの仲間がいることを見抜いていたと思ったのだが、どうやらそうでもなさそう。

というのがこちらのシーン。

↑*画像出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/d70/378497/20090721_504260.jpg

2年後の現在、黒ひげティーチは40歳であるのだが、エースに「人の倍の人生を・・・」と言われている。

エースは黒ひげの何かを知っていた!?

実は黒ひげの体の謎を知っていたのはエースだけじゃない・・・

↑*画像出典:http://opwymtk.sakura.ne.jp/worlds/black/5902.jpg

黒ひげが白ひげのグラグラの実の能力を手に入れた時に、マルコは

「ティーチは体の構造が”異形”」という風に答えていた。

確実に黒ひげは一人ではないのだ!!!

(仮説)黒ひげは体内に人を吸収する能力がある!

判明になっていないため、仮説にすぎないのだが、異形と言われる黒ひげティーチの体は体内に人を吸収し、その能力を自分の物にする力があると思われる。

恐らく、白ひげエドワード・ニューゲートを吸収するまではティーチを含めて2人の能力を持っていたものだと思われる。

もう一人とは、白ひげ4番隊隊長サッチだ。

というのも、白ひげが息子のようにしていたサッチの墓は、白ひげの墓の隣には立てられなかったので、サッチが殺された後、サッチの亡骸は見つからなかったのではないかと思われる。

*画像出典:http://onepiece.xii.jp/

これは白ひげとエースの墓。左がエースの墓なのだが、サッチの墓もあるとすれば隣同士にするはず・・・

そして、エースが黒ひげと戦ったときに

「人の倍の人生を歩んでいる・・・」

と言っていたことからも、この時はまだ2人分かと思われていた。

現在は白ひげも吸収したため3人分の人生を?それとも4人分?

となると、現在は3人分ということになるのだが、実際はもっと多いのかもしれない・・・

というのも、白ひげの能力を吸収する前から実は3人分だったのではないか?と思われているのだ。

それがこちら。

*画像出典:http://opwymtk.sakura.ne.jp/worlds/black/2501.jpg

海賊旗に描かれたドクロのマークが3つ。

通常は麦わら海賊団も1つだし、他の海賊団も1つが普通なのに、黒ひげ海賊団だけ3つのドクロが描かれている

これは空島編の直前なので、白ひげを吸収する前にあたる。

なお、ドレスローザ編が終了したときの白ひげ海賊団の海賊旗はこちら

*画像出典:http://blog-imgs-82.fc2.com/o/n/e/onepiecenaruto/201510071621557fas.jpg

船首に新しくドクロが追加されている。

交わる剣が2本・・・海賊旗のドクロの周りにある骨の数が8本・・・
合計10本。

黒ひげ海賊団の船員は前述の通り、10人。これは、何か因果関係があるのか・・・?

また、そうなると、ドクロの数は4つなので、実は

サッチを吸収するまでに2人分、

サッチを吸収して3人分、

白ひげを吸収して4人分

なのかもしれない・・・

とにかく、そうだとすれば、以前まで覇気を使えなかった黒ひげも、白ひげを吸収したことにより覇気を操れるようになっているかもしれない。

いずれにせよ黒ひげにはまだまだ謎が含まれている。

青雉クザンとの関係もそうだし、現在悪魔の実の能力者狩りをしていることもそう。

これからも連載中のワンピースから何かヒントになる描写があれば、適宜内容を変更していきたいと思います!!!



popIn広告 関連広告

こちらもよく読まれています♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする