ドラゴンボール強さランキングTOP30(Z編)【原作限定】決定版

スポンサーリンク

20世紀の少年ジャンプにおける超大作・ドラゴンボール原作限定でキャラクター強さランキングを議論を重ねて決定しました!

単行本、全42巻を何度も読み直し、ランキング化したものです。(映画版は含みません)

また、ウーブについては魔人ブウの生まれ変わりで相当強いと思いますが、空も飛べないし、強さを表す描写が少なすぎるのでランク外とさせて頂きました。

スポンサーリンク



強さランク 30位 ドドリア

ドドリア*画像出典:https://twitter.com/dodoria_fight

・ナメック星で登場したフリーザの部下。忠誠心が高く、乱暴な性格。
・ドラゴンボールを集めるためにナメック星の村を次々に襲い、ある村では戦闘タイプの3人のナメック星人を次々に倒した。「ナメック星人の誇りを見せるまでもなかったな」と長老に言い放つ。
・デンデが逃げようとしたところ、当時戦闘力が1万にも満たない悟飯に蹴られ、クリリンの太陽拳にて目をくらませてしまった。
・ベジータと対峙した際に圧倒的に押されて最後は名前もないエネルギー弾を受けて死亡
・口からの光線と連続エネルギー弾を得意技とする。あと、頭突きも。
戦闘力は22000程度と言われており、ザーボンよりも低く、キュイよりも高い。

強さランク 29位 ザーボン

ザーボン*画像出典:http://tn-skr3.smilevideo.jp/smile?i=17319150.L

・ドドリアさんと共にフリーザの部下として行動していた変身型の色男。変身後は圧倒的に強さがアップする。
変身前の戦闘力は23000。ベジータとの1度目の対戦ではそれ以上の戦闘力を誇っていたベジータに敗れそうになり、変身後に圧勝した。
・ベジータの死を確認する事を怠ってしまったばかりに、死の淵から回復したサイヤ人特有の大幅なパワーアップにより2度目の対戦でベジータに負けてしまった。
・変身後の戦闘力は復活したベジータの当時の戦闘力が30000ほどと予測されることから推定29000前後と言われている。
・ベジータに砂をかけられただけで一時的に目が見えなくなった。

強さランク 28位 ネイル

ネイル*画像出典:http://dokkanbattle.com/

ナメック星最強の戦士で、最長老の護衛を務める若者。
・ドドリアとザーボンよりも戦闘力が高く、フリーザが側近として部下に欲しがっていた
・フリーザとの対戦時には変身前のフリーザの「私の戦闘力は53万です」という言葉に少しビビっていたが、その通り一太刀も食らわせることは出来ずに完敗した。
・戦闘力は気を解放した状態で42000と、そのときのベジータ以上の強さ。
・瀕死の状態でルックスの同じようなピッコロさんと同化した。
・強さとは関係がないが、ネイルの名前の由来はsnail(スネイル)というカタツムリを表す英語から引用したと思われる。

強さランク 同率25位 リクーム

リクーム*画像出典:http://p.twpl.jp/show/orig/rMWqQ

・ギニュー特戦隊の武闘派タイプの戦士。ジースやバータと同等の強さを誇るが圧倒的な力とタフさを併せ持つ。
・当時戦闘力が3万以上あったと思われるベジータと、クリリン、悟飯が共闘しても勝てなかった。
推定で45,000~50,000くらいの戦闘力と思われる。
・ナメック星に来たばかりの悟空(通常時の戦闘力で6万)にあっさり敗北し、ベジータにより息の根を止められた。
・リクームイレイザーガンという技と、さらに大技でリクームウルトラファイティングボンバーという技を持つが、大技の方は隙があり過ぎて出せずじまいだった。

強さランク 同率25位 バータ

バータ*画像出典:matome.naver.jp

・ギニュー特戦隊の中でも最もスピードに自信を持っている戦士。リクームよりも力では劣るが、総合的な戦闘力ではリクーム・ジースと並んで同じくらい。
フリーザの存在を知りながらも宇宙一と豪語するスピードを持っているが、悟空にあっさり追いつかれた。
マッハキックという蹴り技が原作における唯一登場した技。因みに、悟空には全て避けられてしまう。
・ジースと共闘しても悟空に一太刀も食らわせることができずに敗北。
・最後はベジータにより喉元を膝蹴りでへし折られトドメを刺された。

強さランク 同率25位 ジース

ジース*画像出典:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/

・ギニュー特戦隊の中でリクームやバータと同等の強さを誇る戦士。力ではリクームに劣り、スピードではバータに劣るが、強い必殺技を持っている。
・ギニュー特戦隊では2番目に強いというイメージがあるが、たまたま悟空が逃がしてくれたおかげでリクーム・バータより少し長く生きながらえただけ。
・クラッシャーボールという逃げ道のない必殺技を持っているが、悟空には片手で弾かれてしまう
・復活したベジータの戦闘力をスカウタ―で確認し、直後に殺されてしまった。
・強さとは関係ないが、名前の由来はジュースではなく、チーズである。
(ギニューが牛乳で、隊員は全員乳製品の名前がついている。ヨーグルト、バター、クリーム、チーズ)

強さランク 24位 ギニュー

ギニュー*画像出典:http://hanappy.com/wp-content/uploads/2010/10/images4.jpg

・フリーザが強さにおいてかなり信頼をしている「ギニュー特戦隊」の隊長。
・気を探ることはできないが、スカウタ―を使わずに悟空の戦いぶりを見ただけで通常の戦闘力を予想できるほど経験値は高い
・ギニュー特戦隊では「ウルトラファイティングポーズ」というポーズにこだわりを持っているが、技として機能する訳ではない。
・1対1のフェアな勝負にこだわる男気を持っている。
・戦闘力を自在に変化させる能力を持っており、最大時の戦闘力は12万
・チェンジという体を入れ替える技を持っており、一時は悟空と体が入れ替わってしまったが、悟空の戦闘力を引き出す体の使い方がわからずに、戦闘力は23000程度で悟飯やクリリンにすら苦戦を強いられる。
最終的にはカエルと体を入れ替えてしまう結果となってしまった。

強さランク 23位 フリーザ

フリーザ*画像出典:http://matome.naver.net

・変身前の通常時でも戦闘力は53万。ナメック星最強のネイルも足元にも及ばなかった。
・界王にも恐れられていたほどの宇宙でも有名な悪の強敵。
・作中において宇宙で一番部下の多い組織のボスである。
・4つの変身形態を持っており、一度変身しただけの第2形態では本人が言うところによると戦闘力100万以上は確実。
・第3形態では第2形態で劣勢だったピッコロとの戦いをいとも簡単に逆転。戦いの場において、ピッコロたちが初めてこの姿を見たことになる。
・宇宙人の様な姿をした最終形態は、フリーザ本来の姿。また、パワーの増減が可能で、変身直後はフルパワーの2%程度の戦闘力だったと言われている。
・10倍の界王拳を使った悟空の戦闘力が3000万程度だったが、その時は30%ほどのパワーで対応するも劣勢。
・スーパーサイヤ人になった悟空と対戦して結果的に負けてしまったのだが、フルパワーで戦闘力8000万ほどの力を持っていた。
・地球に来たときはナメック星での悟空の強さを超えていたと思われるが、人造人間17号・18号に及ばなかった頃のトランクスに敗北
・指先から目に見えないほどの光線を出したり、クリリンの気円斬と似たような技など、多種多様な技を持っている。

強さランク 22位 コルド大王(フリーザの父親の名前)

コルド大王*画像出典:http://dragon-dokkan.net/

・フリーザが地球に復讐しにきた際に同船していたフリーザの父親。原作では宇宙一強いと言われていたフリーザよりも強いと思わせる上下関係が描写されていた。
・地球を宇宙船から眺めて、すぐに消してしまおうかと言っていた。
・ご飯やクリリンなどの地球にいた強者たちは地球に近づくフリーザとコルド大王の気を感じて恐れていた。
・フリーザがあっさりトランクスにやられてしまい、コルド大王は焦りながらトランクスに「俺の部下に・・」と言っていたがトランクスに敗北
・トランクスがフリーザを倒すときもコルド大王を倒すときも、力加減の差がなかったことから、フリーザとの力の差はそこまで大きくないと思われる。

強さランク 21位 人造人間19号

人造人間19号*画像出典:http://dbz-dokkan.info/

・ドクター・ゲロが唯一、パワー制御を上手くコントロールして製造できた人造人間で、ドクター・ゲロ本人である人造人間20号より弱く設計している。
・エネルギー波なども含め、外部から相手のエネルギーを吸収できる
・人工的なもののため気を持たず、戦う場所によっては非常に厄介。
・フリーザはトランクスがあっさりと倒していたが、その頃のトランクスよりも強くなっているベジータとの対戦では、フリーザが簡単にやられたほど大差はなく、敗北したものの明らかにフリーザよりも強いことが分かる。また、パワーレーダーも搭載。
・心臓病の発作が起こった悟空には勝利。また、負けない限りエネルギーの消費がほとんどないため連続して戦っても同じ戦闘力を維持できる。
・活動源は人間のエネルギーであり、無制限に蓄えることができる。
・ベジータとの対戦では、腕を掴んでエネルギーを吸収しようとしたところ「離すなよぉ」とベジータに言われた通りに離さないでいたら、そのまま腕をもぎ取られた。最後はビッグバンアタックでベジータの餌食となり、頭部を残して壊れた。

スポンサーリンク

強さランク 20位 人造人間20号

人造人間20号*画像出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

・レッドリボン軍の人造人間を製造するドクター・ゲロ本人であり、19号と同様にエネルギーを吸収して活動する。
・体のほとんどが人造人間であるために気でみつけることができず、逆に対戦相手の気はレーダーで探ることができるため、戦場が入り組んでいればいるほど優位な戦闘が可能。
19号よりも強めに設計されていると思われる。また、19号は完全に20号の支配下になるようにプログラムされている。
ヤムチャにあっさり勝利。だが、ヤムチャに勝っても評価にできない。
・殺されない限り、不老不死である。
・19号にあっさり勝利した当時のベジータよりも弱いばかりか、ピッコロとの勝負では負けそうになったところを逃走した。
・目からビーム、エネルギー波などの技を持っているが、蓄えたエネルギーを放出するほど戦闘力は落ちてしまう。だが、人間からエネルギーを奪えば奪うほどに戦闘力は上昇する。
・最期は自身の作った失敗作である17号と18号に破壊されてしまう。

強さランク 19位 人造人間18号

人造人間18号*画像出典:http://blog.livedoor.jp/uwasanoniti

・ドラゴンボールの願いでも完全な人間には戻せない、人体ベースの人造人間。子供を産むことができるため、強さに関係のない臓器などはそのまま残っていると思われる。
・人造人間17号とは兄弟で、実はこちらが姉にあたる。ただし、強さにおいては弟の17号の方が勝っている
・自分を勝手に人造人間にしたドクター・ゲロを殺害した。
・16号に助けてもらいそうになったもののセルに吸収されてしまう。
・ご飯のセルへの攻撃によって、吐き出された。
・ブルマによって動きが止められてしまう動きを止められたしまうレーダーを開発されたが、クリリンが恋愛感情を持ってしまい活用しなかった。
トランクスの未来では原作よりも若干弱いと思われており、トランクスでもそこそこ戦えたらしい。
・19号に圧勝したベジータとはほぼ互角に戦っていたものの、スタミナ切れがない18号が完勝。ピッコロ、天津飯も束になっても敵わなかった。
・天下一武道会ではトランクス・悟天の肩車をした状態に苦戦を強いられたが、天下一武道会のルールに則った上での勝利を掴む。
・天下一武道会では決勝戦でミスターサタンにわざと負けて準優勝。

強さランク 18位 人造人間17号

人造人間17号*画像出典:matome.naver.jp

・18号の弟であるが、18号より強い設定である。
・作中で初戦となるピッコロ・トランクス・天津飯をまとめて相手にしたが余裕で勝利。しかも人造人間のために体力が落ちることはない。
・神と融合して大きくパワーアップしたピッコロとはほぼ互角だったが、知的な要素を含め決着をつけるとすればピッコロに分がありそうだ。
・悟空を抹殺するというゲームを楽しむため、ゆっくりと悟空の居場所を探したが悟空をみつける前にセルに吸収される。
・セルに吸収されないように16号が忠告したものの、好戦的な性格が災いして結果的に吸収されてしまった。
・トランクスの来た未来では現実世界の強さよりも多少劣るのだが、それでもその世界で最強だった。
・ブウ編では悟空の最強の技である元気玉にパワーを分け与えている。

強さランク 17位 ピッコロ

ピッコロ*画像出典:matome.naver.jp

・ピッコロ大魔王の化身。悟空を倒すためにマジュニアの名前で天下一武道会に出場し、決勝で悟空に敗北
・以降は使わなくなったが、巨大化する技を持っている。ただ、あまりに大きいためスピードなどが劣り、その点ではサイヤ人の大猿化とは異なる。
・悟空と共闘し、魔貫光殺法でラディッツと悟空を殺してしまう。
・悟飯の戦闘力が1000ほどのときからナッパ戦で5000ほどの技を出せるまで育てた。以後、強さでは追い抜かれてしまったが悟飯と師弟関係にある。
・ナッパの技の前に悟飯をかばうために命を落とした。
・ナメック星のドラゴンボールで生き返った後はナメック星に移動し、ネイルと融合し大幅なパワーアップを遂げる。
・100万以上は確実に戦闘力があったフリーザの第2形態に優位に戦闘を進めるも、第3形態になった途端劣勢になった。
・人造人間17号・18号に天津飯やクリリン、ベジータと共闘するも敗北。
・神と融合したことにより17号と互角以上の戦いができるまでパワーアップ。人造人間を吸収していない状態のセルには優位に戦いを進める。それでも完全体のセルには遠く力は及ばなかった
・神様と融合したことにより悟空に「神コロさま」と呼ばれたが「基本はピッコロだ」とベースはピッコロのままであることが判明。それでも神様の知的要素も吸収していた。
・ブウ編ではゴテンクスを指揮するなど賢明に重要な役割を担った。

強さランク 16位 人造人間16号

人造人間16号*画像出典:matome.naver.jp

・動物や自然を好む優しい性格を持つ反面、悟空に標的を定められた人造人間。
ドクターゲロが作ったロボットで最強だが、優しい性格を持っていたため失敗作とされていた。
・17号や18号と同じ永久エネルギー式。19号・20号の人からエネルギーを吸収するタイプとは異なる。
・ピッコロがセルに倒された後にセルに勝負を挑む。
第一段階のセルとは強さは互角。実際スタミナが切れない16号が優位だった。
・両腕を外して発射させるヘルズフラッシュという最高技を持っているが、セルを倒すことは出来なかった。
・カプセルコーポレーションで修理されセルゲームに参加。完全体のセルに対して自爆を試みるも、修理されたときに自爆装置が取り除かれていたためそのまま2度目の敗北をきす。しかし、残された頭部がご飯をスーパーサイヤ人2に覚醒するきかっけを作るなど、作中における活躍は多い。

次のページで15位~1位の登場!!

スポンサーリンク