人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

「ほのぼの日常系アニメ」観たら優しい気持ちになれる♪おすすめ10選

観ていて熱くなれるようなバトル系・スポーツ系などのアニメもいいですが、たまには「ほのぼの日常系アニメ」を観てみませんか?

これといって衝撃の展開があるわけでもなく、悲しみや怒りを感じるようなこともなく、フツーの人たちの何でもない日常を描いたアニメは観ていて癒されます。

今回は、そんな「ほのぼの日常系アニメ」のなかから特にオススメしたい10作品をピックアップしてみました。

「今日はのんびりアニメでも観てゆっくりしたいな~」なんて日に、ゆる~く観てみてくださいね。

スポンサーリンク

1:のんのんびより

のんのんびより りぴーと
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け、やや男性
作品のキーワード:ほのぼの、日常、かわいい
この作品が好きなら:みなみけ

基本情報

原作:あっと
話数:全12話(1期)、全12話(2話)
放送日:2013年10月 – 12月(1期)、2015年7月 – 9月(2期)
放送局:テレビ東京ほか
制作会社:SILVER LINK.
メインキャスト(※声優):
宮内 れんげ(小岩井ことり)、一条 蛍(村川梨衣)、越谷 夏海(佐倉綾音)、越谷 小鞠(阿澄佳奈)
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

のんのんびよりは、全校生徒わずか5名の学校に通う主人公と友人たちの日常を描いた作品です。

登場キャラクターのほとんどが可愛い女の子であることを除けば、何の変哲もない田舎暮らしを描いたアニメといった感じでしょうか。

たぬきに餌付けしてみたり、川で魚を捕ってみたり、カブトエビを飼ってみたり…のんびりと暮らす美少女たちの姿に癒されます。

動画紹介

みどころ

2013年度アニメ流行語大賞金賞を取った作品!

のんのんびよりという作品を知らない方でも、「にゃんぱすー」というワードに聞き覚えはあるかもしれません。

「にゃんぱすー」はのんのんびよりの主人公・宮内れんげの口癖で、主に挨拶代わりに使われる言葉です。

のんのんびよりは「にゃんぱすー」が流行したことで爆発的に知名度を上げた作品でもあります。

「にゃんぱすー」は2013年度アニメ流行語大賞金賞(1位)を受賞しており、その年で最も流行ったアニメワードとして親しまれました。

アニメ1期の放送から5年以上が経過した現在でも、ネット上などで「にゃんぱすー」という挨拶を使う方が絶えません。

この作品に出演している人気声優

阿澄佳奈(越谷小鞠)wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

2:みなみけ

Resultado de imagem para minami ke fan art
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け、やや男性
作品のキーワード:姉妹、日常、ほのぼの、笑える
この作品が好きなら:ゆるゆり

基本情報

原作:桜場コハル
話数:全13話(1期)、全13話(2期)、全13話(3期)、全13話(4期)
放送日:2007年10月7日 – 12月30日(1期)、2008年1月6日 – 3月30日(2期)、2009年1月4日 – 3月29日(3期)、2013年1月 – 3月(4期)
放送局:テレビ東京ほか
制作会社:A-1 Pictures
メインキャスト(※声優):
南 春香(佐藤利奈)、南 夏奈(井上麻里奈)、南 千秋(茅原実里)
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

みなみけは、「南家」の3姉妹の日常を描いたアニメです。

この物語は南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。」というキャッチコピーが本作の内容を全て物語っています(笑)

小学生・中学生・高校生からなる3姉妹が、家に友達を呼んで遊んだり、夕飯のことでケンカしたり、ちょっとだけ恋愛してみたり…そんな平凡で楽しげな日常を過ごします。

萌え系アニメとして有名な本作ですが、どこにでもいる姉妹の日常がどこか懐かしくも感じられる一本です。

動画紹介

みどころ

長期連載&アニメ4期制作の人気作!

みなみけの原作マンガは、週刊ヤングマガジンにて2004年から連載がスタートしました。連載開始からすでに15年近くが経過していますが、まだまだ終わる気配のない長寿作品となっています。

みなみけの人気っぷりは、アニメの制作回数からも伺えます。

アニメは2007年に制作された「みなみけ(1期)」を皮切りに、2008年の「みなみけ おかわり」、2009年の「みなみけ おかえり」、2013年の「みなみけ ただいま」まで合計4期分も制作されているんです!

世間では2期まで制作されれば「人気アニメ」と呼ばれるくらいですから、4期まで制作が続いたみなみけは文句なしの人気作品であるといえるでしょう。

この作品に出演している人気声優

水樹奈々(南冬馬)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

3:レーカン!

レーカン!
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け

作品のキーワード:4コマ漫画、オカルト、コメディ、学園

この作品が好きなら:最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。

基本情報

原作:瀬田ヒナコ
話数:全13話
放送日:2015年4月 – 6月
放送局:TBSほか
制作会社:ぴえろプラス
メインキャスト(※声優):
天海 響(木戸衣吹)、井上 成美(伊藤美来)、上原 佳菜(飯田里穂)
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

レーカン!は、幽霊と会話ができる霊感少女・天海響の学校生活を描いたお話です。

霊感を持った主人公の話とはいっても決してホラー系ではなく、幽霊との交流を通して(生きた)友人たちとの絆を深めていくほっこり系のアニメですね。

幽霊のキャラデザがリアルすぎて驚くシーンがあったりはしますが、ストーリーは一貫してほのぼの系なので怖い話が苦手な方もご安心ください。

動画紹介

みどころ

舞台化も大成功した人気アニメ!

レーカン!は2015年に舞台化されたことがあります。

2015年11月11日~15日までの5日間限定で行われた舞台は、すぐにチケットが完売して追加席が設けられるほどの好評を博しました。

また、レーカン!は背景にリアルな3DCGを使っていたため「聖地巡礼」が盛り上がったアニメでもありました。

アニメ版の主な舞台となった埼玉県草加市には、日本各地からレーカン!に登場した風景を求めるファンたちが集まってきたといいます。

この作品に出演している人気声優

M.A.O(上原佳菜) wiki

アニメが観れる動画サービス一覧 

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎
スポンサーリンク

4:ひだまりスケッチ

Hidamari Sketch
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け、やや男性
作品のキーワード:空気系、学園、日常、ギャグ、美術
この作品が好きなら:らき☆すた

基本情報

原作:蒼樹うめ
話数:全14話(1期)、全16話(2期)、全14話(3期)、全12話(4期)
放送日:2007年1月 – 3月(1期)、2008年7月 – 9月(2期)、2010年1月 – 3月(3期)、2012年10月 – 12月(4期)
放送局:TBSなど
制作会社:シャフト
メインキャスト(※声優):
ゆの(阿澄佳奈)、宮子(水橋かおり)、乃莉(原田ひとみ)、なずな(小見川千明)
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

ひだまりスケッチは、「ひだまり荘」というアパートに住む女子高生たちの日常を描いた作品です。

「日常系」というよりも「脱力系」といったほうがしっくりくるほどのんびりとした作風で、ちょっとだけ変わり者な女の子たちが幸せそうに暮らしている様子をただただ眺めるだけのアニメです。

良くも悪くも「ここに注目!」というような山場が無いので、何も考えずにぼーっと眺めていたい一本ですね。

動画紹介

みどころ

まんがタイムきららキャラットの看板作品!

ひだまりスケッチの原作マンガは「まんがタイムきららキャラット」で連載されている作品です。

2004年に連載が開始されてから未だに続いている長寿作で、まんがタイムきららキャラットを代表する看板作品としても知られています。

まんがタイムきららキャラットといえば、「けいおん!」や「NEW GAME!」などの人気アニメを生み出した雑誌として有名ですよね。

何を隠そう、実はまんがタイムきららキャラットで一番最初にアニメ化された作品がひだまりスケッチなんですよ。

この作品に出演している人気声優

釘宮理恵(智香役)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

5:うらわの調ちゃん

浦和の調ちゃん - Google 検索
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け
作品のキーワード:日常、ほのぼの、学園モノ
この作品が好きなら:レーカン!

基本情報

監督:イシバシミツユキ
話数:全12話
放送日:2015年4月10日 – 2015年6月26日
放送局:テレビ埼玉など
制作会社:A-Real
メインキャスト(※声優):
高砂調(瀬戸麻沙美)、沼影彩湖(大久保瑠美)、上木崎常盤(明坂聡美)、別所子鹿(久保田未夢)
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

浦和の調ちゃんは、埼玉県さいたま市浦和地区をテーマにしたゆる~いアニメです。

メインキャラクターとなる8人の女の子は全員「浦和の名がつく8つの駅」をモチーフにしてデザインされており、作中ではちょっと笑ってしまうほど浦和推しな展開が繰り広げられていきます。

最初の数話は地域振興アニメといった感じですが、話が進むにつれて実写混じりになるなどシュールな笑いどころが増えていくところにも注目です。

動画紹介

みどころ

「地域活性化のため」に作られた異色のアニメ

初めて浦和の調ちゃんを観た人は、きっと「なんでこのアニメこんなに浦和のことばっか言うの?」と不思議に思ってしまうことでしょう。

それもそのはず…実は浦和の調ちゃんはもともと地域活性化のために作られたアニメなのです。

浦和の調ちゃんが制作されるキッカケになったのは、2014年に行われた「さいたま市ニュービジネス大賞」というコンテストでした。

このコンテストを「地域活性化に繋がるビジネスプラン」として受賞したことで、公共財団法人さいたま市産業創造財団の支援を受けてTVアニメ化されたのが浦和の調ちゃんだったのです。

その後、浦和の調ちゃんは埼玉県警察のテロ防止ポスターに起用されるなど、放送終了後にもしっかりと地域活性に役立ってくれています。

この作品に出演している人気声優

瀬戸麻沙美(高砂調)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

スポンサーリンク

6:ゆゆ式

Yuyushiki... Plan to watch...
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け、やや男性
作品のキーワード:4コマ漫画、学園、ほのぼの、ギャグ
この作品が好きなら:らき☆すた

基本情報

原作:三上小又
話数:全12話
放送日:2013年4月~6月
放送局:TOKYO MX
制作会社:キネマシトラス
メインキャスト(※声優)
野々原ゆずこ(大久保留美)、日向縁(種田梨沙)、櫟井唯(津田美波)
掲載誌:まんがタイムきらら
関連サイト情報:公式/wiki

どんなストーリー

ゆゆ式は、いつも仲良し女子3人組がとりとめの無い会話をする…というアニメです。

仲の良い女の子が中身のないおしゃべりに花を咲かせているだけのアニメなのに、観ているうちにどんどん引き込まれていってしまうのが不思議です。

正直、最初の1~2話は退屈に感じるかもしれませんが、観れば観るほどキャラクターに愛着が沸いてきて、だんだん「仲のいい友達の話を聞いている」ような気分になってきます。

そこまでハマれば、あとはどんなくだらない話でも声を出して笑える鉄板ネタに早変わりです!

動画紹介

みどころ

2017年に久しぶりの新作が出ました!

TVアニメ版のゆゆ式は2013年に放送されました。

放送終了からすでに5年以上が経過しているため、さすがに新作アニメはもう無いか…?と思われていたんですが!

なんと、2017年2月に数年ぶりの新作アニメがOVA限定でリリースされたんです!

OVAを収めた円盤の売上はなんと、1期の売上を大幅に超える25000枚を突破。どれだけのファンがゆゆ式の帰還を待ちわびていたのかがわかる記録ですよね。

OVAの大成功を受けて、ファンの間でもゆゆ式2期への期待が高まってきています!

この作品に出演している人気声優

堀江由衣(松本頼子)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

7:たまこまーけっと

たまこまーけっと
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け
作品のキーワード:商店街、学園、人情、コメディ
この作品が好きなら:けいおん!

基本情報

監督:山田尚子
話数:全12話
放送日:2013年1月~3月
放送局:TOKYO MX
制作会社:京都アニメーション
メインキャスト(※声優)
北白川たまこ(洲崎綾)、デラ・モチマッヅィ(山崎たくみ)、大路もち蔵(田丸篤志)
関連サイト情報:公式/wiki

どんなストーリー

たまこまーけっとは、うさぎ山商店街の餅屋の娘・たまこを中心として、クラスメイトや商店街の人々との関わりを描いたアニメです。

日常系アニメのなかにほんの少しだけファンタジーを加えたストーリーになっているため、普通の日常系アニメが苦手な方でも退屈せずに楽しめる作品に仕上がっています。

登場人物のほとんどが人情にあふれた優しい人ばかりなので、全体を通して「優しい世界」といった印象を受けるのも本作の魅力です。

動画紹介

みどころ

「けいおん!」が好きなら絶対観ておくべき!

たまこまーけっとの画像を見てピンときた方もいるのではないでしょうか。

そう、この作品は「けいおん!」の監督を務めたことで知られる山田尚子さんが担当した完全オリジナルアニメなのです!

もちろん制作はお馴染み「京都アニメーション」、さらにシリーズ構成・キャラクターデザインなど複数のスタッフが「けいおん!」と同じメンバーとなっています。

必然的にたまこまーけっとも「けいおん!」に近い作風に仕上がっており、「けいおん!」のファンからも高い評価を受けました。

もちろんストーリーは全くの別物なので、雰囲気が似ていても決して二番煎じにはなっていないというのもポイントです。

この作品に出演している人気声優

洲崎綾(北白川たまこ役)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

スポンサーリンク

8:ゆるゆり


出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男性向け
作品のキーワード:百合、学園、ほのぼの、ギャグ、空気系
この作品が好きなら:のんのんびより

基本情報

原作者:なもり
話数:全12話(1期)、全12話(2期)、全12話(3期)
放送日:2011年7月~9月(1期)、2012年7月~9月(2期)、2015年9月~12月(3期)
放送局:テレビ東京系列
制作会社:TYOアニメーションズ
メインキャスト(※声優)
赤座あかり(三上枝織)、歳納京子(大坪由佳)、船見結衣(津田美波)、吉川 ちなつ(大久保留美)、杉浦綾乃(藤田咲)、池田千歳(豊崎愛生)
掲載誌:コミック百合姫S→コミック百合姫
関連サイト情報:公式/wiki

どんなストーリー

ゆるゆりは、タイトルの通り「ゆる~い百合」…つまり女の子同士のイチャイチャを描いたアニメです。

とはいっても恋愛メインの話ではなく、女子校に通う女の子たちのまったりした学園生活に焦点を当てた日常系アニメに仕上がっています。

百合とはいってもストーリーの大筋はギャグなので、百合系アニメが苦手だという方でも違和感なく見られる作品ですよ。

動画紹介

みどころ

「百合」をテーマにして大成功を収めた稀有な作品

前述の通り、ゆるゆりは女性同士の恋愛「百合」をテーマにした作品です。

百合をテーマにしたアニメやマンガは他にもたくさんありますが、同性愛への偏見を抱いている方が多いせいか、百合系の作品がヒットすることはそれほど多くありません。

しかしゆるゆりは数少ない例外で、百合をテーマにした作品でありながら幅広い層に支持される大ヒットアニメとなっています。

ゆるゆりの原作マンガは「コミック百合姫S」という百合系マンガだけを扱う雑誌で連載がスタートしました。

コミック百合姫Sのなかでは百合っ気の薄い箸休め的な作品という扱いだったにも関わらず、なぜか同雑誌のアンケートでダントツの1位を獲得。今や日本を代表する百合アニメとして知られるようになりました。

この作品に出演している人気声優

豊崎愛生(池田千歳役)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

9:らき☆すた


出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男女向け、やや男性
作品のキーワード:4コマ漫画、空気系、学園、ギャグ、日常
この作品が好きなら:ひだまりスケッチ

基本情報

原作:美水かがみ
話数:全24話
放送日:2007年4月 – 9月
放送局:独立UHF局など
制作会社:京都アニメーション
メインキャスト(※声優):
泉 こなた(平野綾)、柊 つかさ(福原香織)、柊 かがみ(加藤英美里)、高良 みゆき(遠藤綾)
掲載誌:コンプティーク、月刊コンプエース
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

らき☆すたは、アニメやゲームが大好きなオタク女子高生・泉こなたと仲間たちの日常を描いた作品です。

今では一般的になった「日常系」というアニメジャンルですが、かつてはマイナーだった日常系というジャンルを世に広めた立役者のひとつがらき☆すただったのではないでしょうか。

これといった山場もなく、ただただ女子高生が駄弁ったり遊んだりしているところを眺めているのが心地よい…そんな日常系の決定版ともいえる作品です。

動画紹介

みどころ

オタク業界に旋風を巻き起こした「もってけ!セーラー服」

らき☆すたは2000年代で最もヒットしたアニメのひとつで、その功績を称えればキリがありません。DVD・BDも歴代記録に残るほどの売上を残していますし、エンタメ系のコンテストでも数々の賞を受賞しています。

らき☆すたが残した数々の伝説のなかでも、特に印象的だったのは主題歌の「もってけ!セーラー服」ではないでしょうか。

「もってけ!セーラー服」はらき☆すたのOPテーマとして制作され、一般には受け入れられにくいアニソンでありながら20万枚以上もの売上を記録したヒットソングです。

当時は「もってけ!セーラー服」の振り付けを完璧に踊り切るのがオタク界隈で流行ったりもしましたよね。

この曲はらき☆すたをただ「観るだけ」のアニメではなく、歌ったり踊ったりといったエンターテイメントに昇華させた伝説の一曲です。

この作品に出演している人気声優

平野綾(泉こなた役)公式/wiki

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

10:苺ましまろ

Ichigo Mashimaro/#343011 - Zerochan
出典はこちら

おすすめの傾向

おすすめの性別:男性向け
作品のキーワード:ロリ、シュール、日常
この作品が好きなら:三ツ星カラーズ

基本情報

原作者:ばらスィー
話数:全12話
放送日:2005年7月14日 – 10月13日
放送局:TBSなど
制作会社:童夢
メインキャスト(※声優)
伊藤 伸恵(生天目仁美)、伊藤 千佳(千葉紗子)、松岡 美羽(折笠富美子)、桜木 茉莉(川澄綾子)、アナ・コッポラ(能登麻美子)
掲載誌:月刊コミック電撃大王
関連サイト情報:公式 wiki

どんなストーリー

苺ましまろは「かわいいは、正義!」のキャッチコピーのもと、11歳~20歳までの美少女たちの日常生活を追っていく作品です。

ストーリーはいたって普通の日常系…かと思いきや、よくよく観ると実にシュールな世界観になっていて、ぼーっと観ていると不意打ちで笑かされて呼吸困難になります。

また、キャッチコピーの通りキャラクターの「可愛さ」に凝っていて、作中でキャラクターが着ている服のデザインや、ひとつひとつの所作などに作者のこだわりが見え隠れしています。

動画紹介

みどころ

聖地巡礼が流行った人気アニメ

苺ましまろがTVで放送されていた当時は、作中に登場した場所を巡る「聖地巡礼」が大流行していました。

ほとんどの地名は実際に静岡県浜松市内に存在しているため、当時は苺ましまろファンが浜松市に押し寄せていることがニュースでも報じられていたほどです。

また、2011年には苺ましまろのラッピングを施した「萌えタク(タクシー)」で浜松市内の聖地を巡るツアーも行われました。

苺ましまろにハマったファンが浜松市を訪れるというケースは、放送から10年以上が経過した今でも珍しくないそうです。

アニメが観れる動画サービス一覧

U-NEXT | Hulu | dTV  | Amazonビデオ‎

まとめ

今回は安心して見られる「ほのぼの系アニメ」をご紹介しました!

観ていてほのぼのするアニメは、やはり「日常系」と呼ばれるジャンルの作品が多いような気がしますね。

あと、どちらかというと男性向けの作品が多くなるのも発見でした。もしかすると女性に比べて男性のほうが「安心感」みたいなものをアニメに求める傾向があるのかもしれませんね。

とはいえ、今回ご紹介したアニメのなかには女性ファンの多い作品もありますので、気になった作品は性別に関係なくぜひぜひチェックしてみてくださいね!

おすすめアニメをジャンル別にまとめてみました。

おすすめアニメまとめ

よかったらシェアおねがいします♪

こちらも読まれています