銀魂562話あらすじ・ストーリー紹介【桂vs猩覚(猿対猿)】

popIn広告



銀魂562話あらすじ・ストーリー紹介続き


「知らんのか
棒には 玉がつきものだ」

さらに数個の爆弾で猩覚に攻撃し懸命に走る桂。


「エリザベス走れェェェ!!」

そんな桂とエリザベスたちに銃口を向けて狙いすましている伏兵達。


「エリザベス!!このまま爆炎にまぎれて走れ!!
たとえ何が起きても足を止めるな
後ろを振り向くな 前だけ見て走り続けろ」


「できるか」

エリザベス
『何を今さら』

gta56210a.jpga**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/10/gta56210aa_.jpg

『桂さん 俺達は今まで一度だってこの足を止めた事はないよ
アンタの行く先が明日だと信じて一緒に走ってきた
これからだって一緒だ
俺達は走るだけだ
アンタと一緒に』

gta5625a.jpga**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/10/gta5625aa_.jpg


「許せエリザベス みんな
この戦い 今の俺のままでは勝機はない
組織を率いる将のままでは
アレには勝てん」

そして炎の方に視線を注ぐ桂。
そこには不敵な笑みを浮かべる猩覚が立っていました。

gta5629.jpga**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/10/gta5629a_.jpg


「だから俺も戻らねばならん
組織ためでも仲間のためでもない
己のために剣を振るう
一匹の
侍(えてこう)に」

gta5623a.jpga

gta5624a**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/10/gta5624a.jpg

野生 滾る!!

~銀魂563話へ続く~

銀魂562話感想と次回563話予想

まずは桂と猩覚の戦い。
長い前フリの末、ようやく戦闘の火蓋が切られました(笑)
銀時たちの戦いも待ち遠しいですが、これはこれで見どころがありそうです♪

本気を出した桂の戦いが楽しみです。

次回、桂はしぶとい猩覚に勝つことができるでしょうか?

銀魂563話、乞うご期待♪♪♪



popIn広告 関連広告

よかったらシェアおねがいします♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加