【エヴァ】登場人物人気キャラランキング決定版!!

popIn広告



エヴァンゲリオン 登場人物(キャラ)ランキング 5位~

5位 真希波・マリ・イラストリアス

真希波・マリ・イラストリアス**出典**http://i1.wp.com/morotdice.asia/

新劇場版「破」より登場したNERVユーロ支部所属のEVAパイロット。

エヴァに乗り使徒を殲滅する事をまるでゲーム感覚でこなすほどの好戦的な性格。EVA仮設5号機やEVA弐号機にも乗り先頭に出ていた。(弐号機はビースト化したが敵わず大破した)

言葉尻に「にゃっ」と付けるのが癖。

4位 碇シンジ

碇シンジ**出典**http://news.walkerplus.com/article/33703/161084_400.jpg

エヴァンゲリオンシリーズの主人公。EVA初号機専属のパイロットであり(サードチルドレン)、NERV総司令官ゲンドウの息子である。

自分の生い立ちに劣等感を感じ、どこか抜け落ちているような性格でその真意とは親の愛情の欠落が原因だったと推測できる。

突然呼び出された言動に褒めてもらいたくてエヴァに乗るが、その言動の言葉に振り回され自我を崩壊していった。その度に自分を見つめ直し少しずつ成長していった。

3位 綾波レイ

綾波レイ**出典**http://f.st-hatena.com/images/

エヴァ零号機のパイロットファーストチルドレン。事実上人間ではなく肉体はEVA初号機に取り残されたユイのサルベージでクローン的な存在であるり、作中では3人目であることが後に判明する。そのため記憶は受け継がれるが、感情は受け継がれないため喜怒哀楽があまり感じられない。

ゲンドウにだけは心を開いていて、与えられた任務は己の生命すら顧みずに着実にこなしてゆく。後に親身に接してくれるシンジにも徐々に心を開いており、にこやかな笑顔話見せているシーンがある。

2位 惣流・アスカ・ラングレー

惣流・アスカ・ラングレー**出典**http://news.walkerplus.com/article/33703/161085_400.jpg

エヴァ弐号機のパイロットセカンドチルドレン。容姿端麗で、才色兼備といったところであるが、異常なほどプライドが高く常にシンジに向かって「あんたばかぁ~?」と上からものを言っている。

精神疾患のあった母親に何とか振り向いてもらおうと様々努力したが、その想い虚しく母親は自殺してしまい、そのことがきっかけで人に依存することなく自分の力で切り開いていくと決心したことから、このような性格となっていった。

初めは加地に好意を寄せていたが、次第にシンジに惹かれていく様が描かれている。

1位 渚カヲル

渚カヲル**出典**http://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/2/5/25df56ef-s.jpg

ゼーレよりNERVに送り込まれたフィフスチルドレンだが、その正体は第17の使徒タブリスとされている。

戦闘のシーンは無いが、自ら望んで初号機に握りつぶされ死亡している。

性格は温和な感じで独自の世界観を持っている。

テレビシリーズの第弐拾四話のサブタイトルが「最後のシ者」となっているが、この「シ」がカタカナになっているのは「シ者」が「渚」とリンクしているのは有名な話し。