人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

ハイキュー160話【あらすじ・ストーリー紹介】第2セットをとる烏野

スポンサーリンク



ハイキューイケメンかっこいいキャラランキングはこちら

ハイキュー160話のあらすじ想です。

前回は白鳥沢22-烏野22のイーブンでしたので、160話で第2セットが終わると予想されます。

ハイキュー160話 あらすじ予想

↑159話より

バレーの試合においてトータルディフェンスは、当然と言えば当然ですが、ブロックとレシーブの役割が完全に機能し始めました。

牛島(ウシワカ)攻略とまでは行きませんが、天童はほとんど攻略できたような感じがあります。

やはり烏野は個々の能力で白鳥沢に劣るのでチームワークで魅せて欲しいですね。

前述のとおり160話では第2セットが完結すると思われます。

天童は月島に少し苦手意識のようなものを持ち始めていそうですので、月島の活躍が期待されるところ。

烏養、影山もトータルディフェンスが機能したことで、俄然テンションが高くなり、メンバー交代なしで第2セットは終盤まで突き進みます。。

敢えて攻めに転じず、ディフェンスを続けることで、「攻撃は最大の防御」という戦いの決まり文句の正反対である、「防御は最大の攻撃」というロジックを成立させると思います。

スポンサーリンク

日向の活躍が見たいのですが、日向の覚醒はフルセットの最後あたりに持ち越しでしょうね。

牛島を使い過ぎている白鳥沢。

第3セットの始めはあえてウシワカを下げて、様子を見る展開になると予想しています。

ここからはまだ先の予想ですが、第3セットも烏野が奪う事ができるでしょう。

ただ、第4セットは落としてしまい、フルセットではその勢いで白鳥沢がリードしながら、烏野が日向の活躍で逆転し、勝利すると言った展開になると思います。

ハイキューイケメンかっこいいキャラランキングはこちら

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする