人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

美少女系アニメ作品初心者におすすめ!傑作の3選はこれだ!

美少女系アニメには興味あるけど、作品がたくさんありすぎて、どれからみればいいのかわからない……」。そんな悩みを抱えている人は、けっこう多いのではないでしょうか?

ここでは、そんな悩みを抱えている人たちのために、美少女系アニメファンなら誰もがみたことがあったり、初心者でも入りやすそうな作品を紹介します!

ここで紹介するのは3作品ですが、3作品とも非常にファンが多い作品です。そのため、これから美処女系アニメの世界を知っていこうとする方には、全部おすすめです。

ただ、それぞれジャンルが全然違うので、興味をもった作品だけ視聴するのも良いと思います。

それでは、ジャンル別に美処女系アニメ作品を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

作品総合力No.1美少女アニメ『Angel Beats!』

『Angel Beats!』作品総合力No.1美少女アニメ

作品ジャンル:学園ラブコメディー
放送年:2011年
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/

「音楽・キャラクター・ストーリーの全てが最高水準」

『Angel Beats!』(エンジェルビーツ)は、泣きゲーのパイオニアとして知られる株式会社ビジュアルアーツKeyに所属している、ライター兼作曲家の麻枝准(まえだじゅん)氏が、原作および楽曲を制作したオリジナルアニメです(麻枝准さんは、この業界では天才と言われている方です)。

まず、最初に言っておきたいことは、「アニメ初心者ならエンジェルビーツを見るべし!」と思うこと。エンジェルビーツはアニメファンなら誰もが知っている作品で、「エンジェルビーツが好きです」と言えば、大抵のアニメファンと話せます。

この作品の魅力は、物語の後半でとにかく泣けることです。なぜ泣けるかと言えば、「音楽・キャラクター・ストーリーの全てが最高水準」であり、10話から最終話にかけて感動の山があるからです。

アニメ初心者の方が見るべき作品として、これ以上の作品はないと思います。

舞台は死後の世界

舞台は死後の世界

記憶を失って死後の世界に迷い込んだ主人公の音無結弦(おとなしゆづる)は、天使と呼ばれる銀髪の少女と戦う集団、死んだ世界戦線のメンバーとなります。

単独で圧倒的な戦闘力を誇る天使に対し、死んだ世界戦線は天使に苦戦。音無は、天使と呼ばれる少女に銃を向けることを躊躇しますが、やらないと自分がやられるため戦うことを決意。自分の記憶を取り戻す手がかりを得るためにも、死んだ世界戦線で活動していきます。

見所1:天使ちゃんマジ天使

見所1:天使ちゃんマジ天使

ファンからは「天使ちゃんマジ天使」と呼ばれるほど、ヒロイン天使こと立華奏(たちばなかなで)は人気です。

画像の通りビジュアルも可憐で、声優の花澤香菜さんの演技が上手すぎることもあり、本当に天使のような存在感を放っています。

基本的に大人しい娘で、その強さとかわいさのギャップには萌えることは間違いありません。

見所2:音楽が非常に良い

見所2:音楽が非常に良い

エンジェルビーツの楽曲は、脚本を書いている麻枝准さんが作曲している所が素敵です。他のアニメ作品なら脚本家と作曲者は別々というのが当然ですが、麻枝氏は両方とも天才的な才能をもって、物語と楽曲のマッチング度が非常に高いです。

OP・ED・注入歌も全て麻枝准さんの作詞作曲で、作中の歌は全て大人気。YouTubeで500万回再生以上されている所を見れば、いかにエンジェルビーツが人気作品であるかわかるでしょう。

見所3:10話が神回と名高い

見所3:10話が神回と名高い

エンジェルビーツは全13話ですが、10話は神回としてアニメファンに名高いです。10話は最終回と並んで泣ける話で、4話から妙に存在感を放っていたユイというメインキャラクターの物語です。

アニメを一話で挫折してしまう方もいますが、テレビドラマと同じで、アニメも後半から面白くなります。それに、13話でここまで上手くまとめているアニメ作品も珍しいので、短い時間で感動したいという方におすすめです。

見所4:最終回の音無と奏に涙腺崩壊する人が続出!

見所4:最終回の音無と奏に涙腺崩壊する人が続出!

天使こと立華奏を演じる花澤香菜さんの演技が素晴らしいことは前述しましたが、それも相まって、奏の真実を知ることになる最終回は間違いなく泣けます。

伏線も最終回で全て回収され、全ての真実を知った時の感動は凄まじいです。

Angel Beats! PV

出典はこちら

作品ジャンル:死後の学園アドベンチャー
放送年:2010年
公式サイト:http://www.angelbeats.jp/


スポンサーリンク

美少女ラブコメの究極!『僕は友達が少ない』

『僕は友達が少ない』美少女ラブコメの究極!

作品ジャンル:学園ラブコメディー
放送年:2011年
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/

「外見は最高で内面は残念な美少女たち」

『僕は友達が少ない』通称はがないは、ライトノベル原作のアニメ作品。画像の通り、超がつくほどの美少女たちが面白おかしい日常をみせてくれる大ヒットアニメです。

彼女たちは一様にして「外見は最高で内面は残念な美少女たち」で、かなり際どい行動や発言で視聴者を楽しませてくれます。誰一人として普通の人物が存在せず、「これだけかわいいのに、この性格はヤバすぎるだろ!」というキャラ萌えを楽しめる、笑える作品です。

友達がいない人物たちで結成された「隣人部」

友達がいない人物たちで結成された「隣人部」

ある日、エア友達のともちゃんと会話している所を、主人公の羽瀬川小鷹(はせがわこだか)に見られてしまった残念なヒロイン三日月夜空(みかづきよぞら)。彼女は超がつくほどの美少女で成績も優秀ですが、性格が悪いためクラスで浮いている存在でした。

しかし、夜空は友達をつくるという目的のもと、隣人部という部活動を結成。小鷹は半ば強制的に隣人部の部員にされ、隣人部には何人かの「残念な美少女」達が入部することになるのでした。

見所1:メインヒロインの夜空よりも星奈の方がヒロインらしい

見所1:メインヒロインの夜空よりも星奈の方がヒロインらしい

はがないのメインヒロインは、一応は夜空ということになっていますが、作中では夜空に良い所はあまりなく、ことあるごとにもう一人のヒロイン、柏崎星奈(かしわざきせな)にメインヒロイン的なポジションがもっていかれます。

星奈はどちらかというと、夜空のポジションを奪おうとしているのではなく、才能で自然と目立っているという感じなので、なおさら夜空には立つ瀬がありません。

夜空は成績優秀で、普通なら校内一の美少女であると言っても過言ではないスペックです。しかし、星奈はさらに優秀で美しく、しかも大富豪の娘であるという完璧人。星奈さえいなければ夜空はもっと活躍できるのですが、残念ながら夜空はなかなか星奈を超えることができません。

ただ、星奈は完璧すぎるが故に性格が傲慢であり、同性の友達が一人もいないという残念な娘。しかも、趣味はギャルゲーやエロゲーという、ド変態な側面も持ち合わせている、正真正銘の「残念な美少女」です。

見所2:小鷹の妹の小鳩がかわいすぎる

見所2:小鷹の妹の小鳩がかわいすぎる

はがないの登場人物の中でも一際かわいらしいのが、主人公の小鷹の妹である羽瀬川小鳩(はせがわこばと)です。両目の色が異なるオッドアイに見えますが、実はこれは好きなテレビアニメを真似ただけのカラーコンタクトです。

「クックック」というのが口癖で、アニメの影響でかなり小悪魔的雰囲気があります。しかし、まだ中学生なので、隣人部のお姉さまたちにいいように扱われる残念な妹です。いじられる小鳩は非常に見物で、特に小鳩が苦手としている星奈にかわいがられている所は、悶絶する程かわいいです。

見所3:二期の志熊理科のかわいさが異常

見所3:二期の志熊理科のかわいさが異常

はがないは二期まで制作されていて、二期に入るとメインキャラクターの一人である天才変態エロ少女の志熊理科(しぐまりか)が、メチャかわいくなります。

一期では眼鏡をかけたド変態天才少女というキャラでしたが、二期では眼鏡を外し、髪型も毎回のように変化させセックスアピールも積極的になる美少女に変身します。

夜空・星奈・小鳩など、すごい美少女がたくさん登場する中、二期ではもしかしたら理科が一番かわいいのではないかと思う程かわいいです。

見所4:「素晴らしく残念な日常」が魅力の作品

見所4:「素晴らしく残念な日常」が魅力の作品

はがないは、基本的になんでもない日常を、変態チックに面白おかしく描写した作品です。また、残念な美少女たちによる残念なラブコメが魅力と言えます。

この作品の面白さは、言葉で説明できるようなものではないので、気になった方はぜひ視聴してみることをおすすめします。また、コメディ映画が好きな方は絶対にハマるので、ぜひ視聴してほしいです。

一期は13話、二期は12話ですが、こちらの作品は比較的マイペースに一話ずつみても楽しめる作品です。

僕は友達が少ない PV

出典はこちら

作品ジャンル:学園ラブコメディー
放送年:2011年
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/


スポンサーリンク

綾辻行人原作のホラーアニメ『Another』

『Another』綾辻行人原作のホラーアニメ

作品ジャンル:サスペンス・ホラー
放送年:2012年
公式サイト:http://www.mxtv.co.jp/

「リアリティ溢れるアニメ作品」

アナザーは、綾辻行人(あやつじゆきと)原作のホラーアニメです。人気作家の作品だけあって、ものすごく内容がしっかりしています。

とにかく恐く、大勢の人間が謎の死を遂げる不気味な物語ですが、ヒロインの見崎鳴(みさきめい)があまりにも美しく、作品全体の独特な暗い雰囲気が、最後まで視聴者を物語の世界観に引き込みます。

現実にもありそうな、「リアリティ溢れるアニメ作品」と言えるでしょう。

呪われた3年3組に次々と起こる悲惨な死

呪われた3年3組に次々と起こる悲惨な死

夜見山北中学校に転向してきた榊原恒一(さかきばらこういち)は、転校早々体調不良となり入院。ある日の夜、病院の霊安室に一人で向かう少女、見崎鳴と出会います。

退院した恒一は、夜見山北中学校に通い始めますが、登校初日から自身が通う3年3組に違和感を感じます。その違和感とは、クラスメイトであるはずの見崎鳴を、全員で「いないもの」として扱っている所でした。

いるはずの鳴を、皆で「いないもの」として扱っていることに不気味さを感じた恒一は、なぜ皆で鳴を「いないもの」として扱うのか気になり、鳴という少女に惹かれていきます。

ある日、たまたま学校の屋上に鳴の姿を見た恒一は、クラスの違和感について鳴に話を聞いてみることにします。しかし、鳴の口から放たれた言葉は、「3年3組は死に近い所にある」ということと、「私には近寄らない方がいい」という助言だけでした。

それから間もなくして、次々と不可解で理不尽な死が、恒一の周りの人間たちに襲い掛かるのでした。

見所1:作画にリアリティがあり映画のよう

見所1:作画にリアリティがあり映画のよう

アニメ全般、どうしても萌え絵が好きになれないという方もいると思いますが、アナザーに関して言えば、作画が非常にリアリティで背景も暗く繊細なため、本物のホラー映画をみているかのようです。

萌え萌えするような雰囲気もなく、リアルなドキドキ感を楽しめる作品です。

見所2:とにかく恐い

見所2:とにかく恐い

アナザーの恐さはアニメ作品としては随一で、下手なホラー映画よりも、ずっとミステリアスで上質な恐怖を体験できます。所々にアニメならではの描写や演出が施されており、恐怖心をさらにあおります。

ホラー好きだけど、アニメはあまり見ないという方には、特にみてほしい作品です。

見所3:アカザー(赤沢泉美)が妙にかわいい

見所3:アカザー(赤沢泉美)が妙にかわいい

クラス委員長として登場する赤沢泉美(あかざわいずみ)は、作中でも重要なキャラクターです。アナザーのファンはアカザー(赤沢泉美)のファンが多いというくらい、赤沢さんは良いキャラクターです。

彼女は気が強く、時に口も悪い美少女なのですが、なぜか憎めない男性のM心を上手く突いた良キャラです。

見所4:とにかく人が死にまくる

見所4:とにかく人が死にまくる

つい目を覆いたくなる程の残酷なシーンが多いアナザー。人が死ぬ時も盛大で、ここまで臨場感あふれる死を表現できているアニメ作品は、他になかなかありません。

なぜ3年3組では不可解な死が起こるのか、という疑念と恐怖を増長させるかのように、アナザーの物語は視聴者を驚愕させながら、物語が進むごとに恐怖の世界観に引き込んでいきます。

見所5:最後まで黒幕がわからない

見所5:最後まで黒幕がわからない

アナザーの一番面白い所は、最後まで誰が黒幕なのか、普通なら絶対にわからない所です。それだけ意外な人物が黒幕であり、勘が良い視聴者でも、誰が黒幕なのか最後までわからないでしょう。

アナザーは全12話という短い作品なので、一気に最後まで視聴できます。黒幕は一体誰なのか、あなた自身の目で確かめてみてください。

Another PV

出典はこちら

作品ジャンル:サスペンス・ホラー
放送年:2012年
公式サイト:http://www.mxtv.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「美少女系アニメ」初心者におすすめ!ということで、以上の3選をご紹介してみました。もちろん、美少女系アニメで面白いのはまだまだ
ありますが、入りとしては見やすくそしてハマれる要素も多い作品だと思います。

もし美少女系アニメで面白い作品をお探しであれば今回ご紹介した作品から見始めてはいかがでしょうか。

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする