スーパーサイヤ人の強さランキング TOP26(TVアニメ版~2017)決定版

スーパーサイヤ人の強さランキング TOP26(TVアニメ版)

出典:https://pbs.twimg.com/

ドラゴンボール』と言えば、スーパーサイヤ人は切っても切り離せない存在となりましたが、悟空たちがナメック星に行った辺りからは戦闘力がインフレし過ぎて、もはやなにが正しいのかわからなくなってきました。

ドラゴンボール超全集』など見ても、公式の戦闘力や強さというのは納得できないものが多く、もはやドラゴンボールのキャラクターの強さを理屈で語ることは不可能に近いかもしれません。

しかし、理屈では計れないから面白いのが『ドラゴンボール』。頭で考えるよりも感性で感じ取るのが、この作品を体感する上で大事なことだと思います。

ここでは、『ドラゴンボール』の世界において様々な強敵を倒してきた代表的な戦闘形態、スーパーサイヤ人をランキング形式で強さを計っていきます

ちなみに、集計は2017年春までに悟空たちが変身したスーパーサイヤ人の形態に留めておき、情報の重複は避けたいので主に2017年春時点での最新情報だけ乗せたいと思います(今後さらに強いスーパーサイヤ人が登場するかもしれません)。

さて、見事一位に輝くスーパーサイヤ人は、どのキャラクターのどの形態でしょうか?

ちなみにGTも判断基準から除外させていただきます

スーパーサイヤ人の強さランキング 26位~11位

スポンサーリンク



26位:スーパーサイヤ人 バーダック

26位:スーパーサイヤ人 バーダック

出典:https://pbs.twimg.com/

フリーザとの戦いの時に、過去の惑星プラントに飛ばされ、フリーザの先祖であるチルドと戦闘した時に覚醒。基本戦闘力は10000台のはずなので、最下位に。

しかし、今となってはこのバーダックこそが伝説のスーパーサイヤ人なのではないかと思われる。

25位:スーパーサイヤ人 孫悟天

25位:スーパーサイヤ人 孫悟天

出典:https://pbs.twimg.com/

悟天は幼少期にスーパーサイヤ人になるという、凄まじい才能をもっていたが、その凄まじい才能も生かされることがなく、いつも最終的には悟空に地球を救うことを任せてきたため、あまり戦闘力が向上しなかったのだと推察される。

そして、基本的に『ドラゴンボール』の世界では、才能がある戦士ほど努力を怠る傾向があるので、今後もそれほど伸びることはないだろう。

悟天が本気で修行すれば、数年で悟飯を追い抜き悟空をも超えるかもしれないが、本人はあまり修行が好きだという描写もないので、今後も停滞したまま戦線からフェードアウトしていくのではないかと推察される。

24位:スーパーサイヤ人 トランクス

24位:スーパーサイヤ人 トランクス

出典:https://pbs.twimg.com/

トランクスも悟天同様、世界を救う戦いをほとんど悟空に任せてきたので、戦闘力はほとんど伸びていないだろう。しかし、その才能は悟天と並びおそらく作中でトップクラスなので、修行さえすれば比較的短期間でベジータや悟空を追い抜く可能性がある。

悟天よりはちょっと強いという発言を魔人ブウ編でしていて、重力装置で修行できるトランクスは、悟天よりもだいぶ有利かもしれない。

それでも悟天とトランクスに決定的な戦力差はないとすれば、もしかしたら才能では悟天の方がトランクスを上回っているのかもしれない(悟空の息子だし)。

23位:スーパートランクス(未来)

23位:スーパートランクス(未来)

出典:https://pbs.twimg.com/

人造人間編からセル編への転換期で、トランクスとベジータがスーパーサイヤ人の壁を超えるべく精神と時の部屋で体得した形態。筋肉が盛り上がり、気の放出も一段と激しくなる形態で、主にスピードよりもパワーを重視した形態だ。

ベジータの戦いぶりを見る限り、セル第二形態まではこの形態で押していたが、セル完全体には歯が立たなかった

さらにもう一段階大きくなる変身ができるが、よりスピードが落ちるようで、それをセルに指摘され敗北。ベジータもその気になればもう一段階大きくなる変身ができたようだが、スピードが犠牲になることがわかっていたので変身することはなかった。

最新作『ドラゴンボール超』でも、久しぶりに未来トランクスがこの形態になり、その時はスーパーサイヤ人2とこの形態を瞬時に切り替え、極力スピードを殺さずパワーを発揮する戦術を披露した。そのことから、この形態はパワーだけならスーパーサイヤ人2より上だと推察される。

22位:スーパーベジータ

22位:スーパーベジータ

出典:https://pbs.twimg.com/

人造人間編からセル編の転換期で、トランクスと共に精神と時の部屋に入って獲得した形態。ベジータはこの形態こそがスーパーサイヤ人の壁を超えたスーパーサイヤ人だと勘違いしており、当時は自身のことを「スーパーベジータ」と呼称し、色々な意味で残念なことになっていた。

セル第二形態を圧倒するだけの戦闘力があり、人造人間と戦っていた頃のベジータよりは格段にパワーアップしたが、完全体となったセルには遠く及ばず敗退

この時に初披露したベジータ最強の技「ファイナルフラッシュ」は、セルが洒落を飛ばせるほどの余裕で看破される。「ファイナルフラッシュ」という呼称はまるでベジータ自身を表しているかのようであり、その縁起の悪い技名通り、ベジータがその後に活躍することはあまりなかった。さらに、セルゲーム終了後は引退を考えていたほどである。

21位:スーパーサイヤ人 孫悟飯(青年)

21位:スーパーサイヤ人 孫悟飯(青年)

出典:https://pbs.twimg.com/

セルゲーム時は最強だった悟飯も、魔人ブウ編に入り随分と弱体化し、超のフリーザ戦ではアルティメット悟飯になることもできなくなってしまったため、随分と弱くなった

さらに、現在ではスーパーサイヤ人でもない悟空やベジータよりも圧倒的に弱く、もはやセルゲームの時の悟飯はなんだったのだといわんばかりの弱体化ぶりである。

家族を守るためにも、少々頼りない悟空やベジータだけに任せるのではなく、自身もスーパーサイヤ人ブルーを目指して修行すれば良いのにと思う。まぁ、悟空とベジータを信じすぎていて、修行する気もないのだろうが。

20位:スーパーサイヤ人 孫悟飯(少年)

20位:スーパーサイヤ人 孫悟飯(少年)

出典:https://pbs.twimg.com/

セルゲームおよび劇場版『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』の時の悟飯。まさにこの時の悟飯は全盛期であり、他を圧倒する程の強さがあった。

セルゲーム時のスーパーサイヤ人悟空よりも強いらしく、純粋なスーパーサイヤ人としては完成されていた段階だろう。

また、『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』でも一番善戦しており、そこそこの活躍をみせてくれた。

セルゲームでは、悟空とセルの戦いをすごいとは思わなかったらしく、余裕な態度をみせてくれたが、結局、この形態でまともにセルと戦うことはなかった。

ちなみに、『銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』は、ドラゴンボールの劇場アニメとしては珍しく本編の流れに即しており、なぜセルゲーム終了後に「戦わない」と宣言したベジータが再び戦うようになったのかがわかる良作である。

19位:伝説のスーパーサイヤ人 ブロリー

19位:伝説のスーパーサイヤ人 ブロリー

出典:https://pbs.twimg.com/

生まれた時から戦闘力が10000もあったという天才サイヤ人のブロリー。その強さは圧倒的であり、セルと戦えるレベルの悟空が「手加減しろ」と嘆くほどの強さをもっている。

この時はスーパーサイヤ人2でもない悟空や悟飯に敗北したので、順位はこの辺りに。

スポンサーリンク

18位:スーパーサイヤ人2 孫悟飯(青年)

18位:スーパーサイヤ人2 孫悟飯(青年)

出典:https://pbs.twimg.com/

成長した悟飯は、自らの意志でスーパーサイヤ人2になれるのかどうかが微妙なところ。ダーブラ戦ではスーパーサイヤ人2の特徴であるスパークがなく、スーパーサイヤ人2になりきれていない中途半端なスーパーサイヤ人2で戦ったため苦戦していたと思われる。

かねてからベジータに(少年時代より)弱くなったと指摘されているので、この順位に。

17位:スーパーサイヤ人2 孫悟飯(少年)

17位:スーパーサイヤ人2 孫悟飯(少年)

出典:https://pbs.twimg.com/

セルゲーム時に怒りによって覚醒した悟飯であり、本当の意味でスーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人。作中では一番はじめになったスーパーサイヤ人2であり、圧倒的な戦闘力をみせ、その実力は完全体セルを赤子のように扱うレベル

この形態になると感情のコントロールが難しいようで、心優しい悟飯ですら好戦的になる

16位:スーパーサイヤ人2 魔人ベジータ

16位:スーパーサイヤ人2 魔人ベジータ

出典:https://pbs.twimg.com/

魔導師バビディによって潜在能力を引き出されたベジータの姿。額にMの文字が刻まれ、好戦的な気分に浸り、純粋に悟空と戦うためだけに力を求めた形態。

サイヤ人の王子であった頃の自分を思い出し、ただ悟空と戦うためだけにバビディの術を受け、潜在能力を開花させて戦った結果が、結局スーパーサイヤ人2の悟空と互角だった。

ちなみに、少年時代の悟飯よりもこの時の悟空は強いとベジータは発言しているので、当然、それと互角に戦った魔人ベジータも少年時代の悟飯より強いことになる。

15位:スーパーサイヤ人 ゴテンクス

15位:スーパーサイヤ人 ゴテンクス

出典:https://pbs.twimg.com/

悟天とトランクスがフュージョンした状態でスーパーサイヤ人になった姿。悪の力が増した魔人ブウと戦っても、それなりに善戦はしているようにみえたが、この時はまだ魔人ブウの方が実力が上だった模様。

高いポテンシャルをもっているが、相手を甘く見て適当に戦うため、実力を生かしきれていない。

14位:スーパーサイヤ人3 ゴテンクス

14位:スーパーサイヤ人3 ゴテンクス

出典:https://pbs.twimg.com/

ゴテンクスがスーパーサイヤ人3になった状態。随分とパワーが増し、実力は魔人ブウを少し上回ったが、やはり幼い精神性によって強さを生かしきれていない感じがある。。

13位:スーパーサイヤ人 キャベ

13位:スーパーサイヤ人 キャベ

出典:https://pbs.twimg.com/

ドラゴンボール超に初登場した、第6宇宙のサイヤ人

意外に順位が高いと思われるかもしれないが、そもそもスーパーサイヤ人ゴッドの力を吸収したベジータと互角に戦えるという時点で、ポテンシャルが高すぎる。そのため、下手をすれば魔人ブウ戦のベジットよりも強くてもおかしくはない計算になる(あくまでも理屈の上では)。

12位:スーパーサイヤ人ゴッド 孫悟空

12位:スーパーサイヤ人ゴッド 孫悟空

出典:https://pbs.twimg.com/

破壊神ビルスと戦うために、仲間の力を借りて変身した新たなスーパーサイヤ人。神の気を纏っており、戦闘力が顕在化しない。

作者の鳥山明先生によると、ビルスの強さが10だとしら、スーパーサイヤ人ゴッドの強さは6くらいとのこと。破壊神ビルスがそこそこ本気になって戦った相手であり、悟空もスーパーサイヤ人ゴッドを通して著しくパワーアップした。

11位:スーパーサイヤ人 トランクス(未来)

出典:https://pbs.twimg.com/

ゴクウブラックによって破壊された未来を救うべく、タイムマシンで未来からやってきたトランクス。

スーパーサイヤ人ゴッドの力を吸収した悟空のスーパーサイヤ人を相手にしても、かなりいい戦いができていたのでこの順位。というより、ゴッドの力を吸収した悟空に匹敵するだけのパワーを一人でつけたトランクスはかなりすごい。

このトランクスなら、もし魔人ブウと戦っていても勝っていたはずだ。

次はいよいよ10位~1位のランキング!ゴクウブラックスーパーサイヤ人ブルーが登場!

スポンサーリンク



あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする

スポンサーリンク