人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

【スキップビート!】最新224話のあらすじ・ストーリー感想と225話の予想

スポンサーリンク

花とゆめ最新刊2015年12号に収録された「スキップ・ビート!」
その最新話である第224話のあらすじ・ストーリー感想と次回第225話の展開予想を書いています☆

次回225話のあらすじ・ストーリー感想はこちら

スキップ・ビート!224話のあらすじ

今回はキョーコの子供のころの回想シーンから始まります。

キョーコには、幼いころからずっと母に嫌われているという自覚がありました。
それを子供ながらに我慢し、受け入れ生きてきたキョーコ。
しかし、いくらそんなキョーコでも、自分の存在そのものが否定されるということについては受け入れることができません。

(どうして?
私の 何がいけないの?
どこが 嫌いなの?
憎いと
そうまであなたに思わせる どんな理由が私にあるの?)

本当は、なぜ自分を嫌っているのかずっと母に尋ねてみたかったキョーコ。
しかし、答えが怖くて今まで聞くことができませんでした。

(ずっと 返答が怖くて
あのヒトに 投げかけたことはなかった
でも もう やめたい
繰り返すの 期待するのも 絶望するのも
なんだか
疲れた)

ずっと溜め込み続けてきた感情がまるで爆発したかのように、キョーコは号泣しながらコーンだと思っている蓮へと歩み寄り、抱きつきます。

「コオオオオオオンンンン」

一方キョーコに抱きつかれた蓮は、自分がコーンだと思われているせいか少し困惑した表情を浮かべますが、キョーコを受け入れ、優しく抱きしめます。

そのころ尚は、キョーコの身を案じてひとり路上に立ちキョーコが帰ってくるのを待っていました。
キョーコからひとりにしてと言われたものの、今の状態のキョーコなら何をしでかすかわからないと思っている尚は、とてもじゃないけどキョーコをひとりにはしておけない様子。
辺りを見回し、キョーコがどっちへ行ったのかを考えます。

そしてまた同じころ、蓮の付き人はキョーコと蓮がおそらく接触しているだろうと社長に報告します。
その報告を受けた社長は蓮のマネージャーの社さんに「良くねー状況だ・・・」と言うも、なぜか顔はニヤニヤ。
社さんは、社長が蓮とキョーコのラブの行方を想像して楽しんでいるからニヤけているのだと思い

「不謹慎ですよ!!」

と社長をたしなめ、しかもゲス呼ばわりします。
しかし社長が気にしていたのはラブの行方ではなく、実はキョーコの役者としての成長だったようです。

「それは
今回のこの状況を
あの娘がどう受け止めるかで決まる
ただの”傷”にするのか
それとも
宝にするのか」

そしてようやく落ち着きを取り戻してきたキョーコ。
泣きやみはしましたが、相変わらず蓮に抱きついたままです。

(・・・ウソみたい・・・
呼んだら 本当に来てくれた・・・
・・・あれ・・・?)

落ち着いてきたせいか、ここでようやくキョーコはコーンへの違和感を感じます。

「・・・コーン・・・?
・・・どうして今日・・・金髪じゃないの・・・?」

と蓮の頬に手を添えて、マジマジと顔を覗き込むキョーコ。

「・・・ま・・・さ・・・か・・・」

コーンではないことに気づいたキョーコは硬直。

「・・・ごめん・・・
・・・言い出せなくて・・・」

申し訳なさそうな蓮。

キョーコは顔面蒼白になり絶叫します。

「っっっひいいいいいやああああああああ」

スポンサーリンク

~次号に続く。

スキップ・ビート!224話感想と次回225話の予想

結局はどっちも同じ人物ではあるんですが、コーンではないと気づいた時のキョーコの反応はおもしろかったです♪

それと、社さんにゲス呼ばわりされながらも、実はキョーコの役者としての成長を期待していた社長。さすがです!(笑)

社長が言うように、キョーコが今回のことを傷ではなく宝と受け止め、役者として成長できることを期待したいですね。

次回、キョーコのことを心配して行方を探している尚が、キョーコと蓮が一緒にいるのを目撃して一波乱起こると予想します!


次回もこうご期待です☆

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする