人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

ワールドトリガー129話あらすじ・ストーリー紹介【ガロプロ8】  

スポンサーリンク

~週間少年ジャンプ最新刊~
「ワールドトリガー」最新話の129話あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

ウェンと対峙する熊谷・那須コンビ。
そしてコスケロと対峙する米谷・三輪コンビ!

ワールドトリガー129話あらすじ・ストーリー紹介

アイドラvs二宮たち。

木虎
「右の群れを狙います!」

嵐山
「わかった!」

加古
「いいわ」

狙撃隊
「OK!」

一斉射撃でアイドラを駆逐していく。

レイジ
「前に出すぎるな
二宮の指示通り守り重視だ
一度に一体ずつ減らせればいい」

二宮
「頭数はまだむこうがこっちの3倍はいる
こっちが一人でも落ちれば火力差はさらに広がる
相手の火力は動いて散らす
こっちの火力はまとめて叩き込め」

犬飼
「了解」

諏訪
「連携勝負でトリオン兵にゃ負けてらんねーなぁ!」

アイドラの群れにぶっ放す諏訪と堤。

穂刈
「いけそうだなこのまま」

荒船
「むこうが何も手を打って来なかったらな」

アイドラの群れに射撃中の来馬の背後から高速で迫るヨミアイドラ。

咄嗟に現れた笹森が孤月でブロック。
しかしヨミドラは孤月を受けつつ逆の手で笹森の腹を斬りつける。

ヨミアイドラは一旦離脱する動きを見せるが、笹森の腹からはトリオンが漏れ出していく。

来馬
「日佐人くん!」

笹森
「大丈夫!
全然急所じゃないです!」

諏訪
「気ぃ付けろレイジ!
“やる気”なのが出て来たぞ!」

レイジ
「こっちもだ
一体だけ動きが違うやつがいる」

それはヨミドラだった。
素早い動きで隊員を狙っていく。

鳥丸に迫ろうとするヨミドラ。
それを双葉がガード。

鳥丸
「! 後ろにまわられた!」

諏訪
「こいつだけ当たんねーぞ!」

スポンサーリンク


「こっちの射線が読まれてますね」

「腕のいい”人間”を相手してるみたいだ・・・!!」

艦内でコントローラーを握るヨミ。

ヨミ
『崩すよレギー しっかり狙って』

レギー
『陣形が崩れりゃこっちのもんだぜ!』

物陰に潜み、レーダーで隊員の位置を確認しているレギー。

少しずつアイドラ部隊が押し始めている様子。

レイジ・鳥丸らも防戦一方。

加古
「背後にまわった別働隊に攪乱されてる状態ね
私がお相手しようかしら?」

嵐山
「いや
それはだめです」

「加古さんが抜けるとメインの火力戦で撃ち負ける」

加古
「あらそう?」

双葉
「速いやつがあたしが」

加古
「いいわ よろしくね双葉」

木虎
「双葉ちゃんを援護します
私の装備は撃ち合いより格闘戦向けなので」

嵐山
「わかった頼む!」

諏訪
「日佐人!
速えーやつを止めろ!
気張れよ!」

笹森
「任せてください!」

二宮
「辻 笹森を援護だ」


「了解です」

辻が笹森と並ぶ。


「手伝うよ日佐人くん」

笹森
「心強いです
狙撃手のほうにも行かせないように気を付けましょう
荒船さんは狙われても平気だろうけど 今は撃ち合いに集中してもらわないと・・・」


(落ち着いているな・・・
全体を見てる)
「分かった」

双葉
「30秒で片付けますから 足引っぱらないでください」

木虎
「大丈夫よ ちゃんとカバーするわ」

まずは双葉が仕掛ける。

双葉
「『韋駄天』」

ヨミ
(・・・高速斬撃!)

咄嗟にシールドで斬撃を防ぐヨミ。
左腕を少し斬られ、トリオンが漏れ出していく。
しかし返す刀で背後の双葉に反撃しようとしたその時、ヨミドラの動きが急に止まってしまう。
いつの間にか木虎のワイヤーが絡まっている様子。

ヨミ
(動きが・・・!)

木虎はアフトクラトル侵攻の際のラビットを思い出す。

木虎
(前の新型に比べればパワーはない)

(まずは脚を止める!)

完全にワイヤーで体をロックされるヨミドラだが、腕に付いた刀でワイヤーを斬り離していく。しかしその間に詰めていた双葉が頭部を斬りつけ、さらに木虎が至近距離で腹部を連射。

双葉
「とどめ!」

韋駄天で首を斬りおとす双葉。

~次ページへ続く~

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする