人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

ワールドトリガー124話あらすじ・ストーリー紹介【ついにガトリンたちが侵入】

ワールドトリガー124話考察感想 ワールドトリガー124 確定ワールドトリガー125話考察展開予想 ワールドトリガー125 確定

スポンサーリンク

迅悠一死亡説と三雲隊新メンバーの考察まとめはこちら

~週間少年ジャンプ最新刊~
「ワールドトリガー」最新話の124話のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

集団戦闘用トリオン兵 アイドラに化けたガトリンたちが基地内に侵入します!

ワールドトリガー124話あらすじ・ストーリー紹介

ガロプラの襲来に備えるボーダー本部

沢村
「ゲート発生!北東方向距離400!
レーダーに多数の反応あり!
ネイバーの計画的侵攻だと思われます!」

今から30分後に始まるランク戦においては中位の玉狛第二香取隊柿崎隊の他 上位には影浦隊弓場隊東隊が参加するとのこと。

沢村
「予定通りランク戦を実施するならこの6チームは防衛作戦に参加できません
いかがいたしますか?」

忍田
「問題ない
ランク戦はそのままやってもらう
迅の予知では可能性は薄いが・・・
敵が万が一隊員を狙った場合はランク戦を中止して戦闘に参加だ
指揮は東がとる
会場警備の風間隊と解説の二人にもそう伝えてくれ」

沢村
「了解しました!ー」

その他は陽動の可能性を考慮して西と南に1部隊ずつを残し それ以外の外の戦力は北東に集中させるという。

「トリオン兵の大群がくるぞ!」

スポンサーリンク

その頃 モニターを見ているヒュース

ヒュース
(このアイドラの数・・・
ロドクルーンのトリオン兵か・・・

このところここの人員が出払っているとこを見ても
大きな戦闘があるのは間違いない)

間には どうやら迅達が出払う直前のやりとりの様子が。


「おれたち今日も本部に詰めるから
ヒュースのこと頼んだぞ陽太郎」

陽太郎
「うむ まかせろ」

拳をつきだす陽太郎。

陽太郎
「後輩はおれがまもる!」しゅっしゅっ

小南
「あんた今から張り切ってたら
夜にはまた眠くなってるわよ」

陽太郎
「そんなことはない!」

ジー カシャン

そうしたことで どうやらヒュースは今度は鍵のかかった棚を捜索しはじめていく。

ヒュース
(ランビリスはどこだ・・・?
さすがにこんなわかりやすい場所には置かないか・・・?
迅が持っている可能性もある・・・
賭けで取り戻しておくべきだったか
・・・仕方ない)

トリガーをひとつ手に取るヒュース。

ヒュース
(ランビリスは本国に戻れれば予備がある
今はこの機を逃さず属国と接触することが先決だ)

バタン

外へと出たヒュースは窓から灯りが漏れてるあの部屋を見上げる。

ヒュース
「・・・・・・世話になったな
・・・・・・先輩」

屋上へと配置完了したレイジたち

レイジ
「司令部こちら木崎
狙撃班位置についた」

当真
「こちら当真
同じく準備完了」

レイジのもとには奈良坂・古寺・佐鳥・日浦 当真側には荒船・穂刈・半崎・別役の面々。

古寺
「!来ました!
トリオン兵です!」

wtg1244.jpga**出典**http://mangakansou.com/

集団戦闘用トリオン兵 アイドラ

日浦
「・・・人型の・・・
トリオン兵!?」

穂刈
「面倒だな 的が小さくて」

半崎
「数も多くてダルいっすね
射程圏内に接近」

レイジ
「迎撃を開始する」

ドドドド

ガギギギン!!

当真
「おぉ!?なんだあ!?
生意気にもシールド重ねてガードしやがるぞ!」

奈良坂
「連携するトリオン兵か・・・!」

射撃を続けるボーダーたち がやはりシールドに阻まれてしまう様子。

別役
「ととと止まんないっす!
どどどどうします!?」

古寺
「一体ずつ集中して倒しましょう!」

佐鳥
「OK!
左端からいくか!」

当真
「じゃあ俺らは右端からいくか!」

ドバンッ

その直後から調子よくシールドを破壊し 倒し始めるスナイパーたち。

またその比較的近距離からは嵐山や諏訪達の面々も銃撃を仕掛けはじめていく。

嵐山
「側面から崩すぞ!
狙撃班の援護だ!」

烏丸・木虎
「了解!」

諏訪
「敵の数が多い 前に出すぎんなよ!」

来馬・堤・笹森
「了解!」

~次ページへ続く~

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする