人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

ベイビーステップ365話あらすじ・ストーリー紹介[回想で気絶しちゃう門馬]

スポンサーリンク

~週間少年マガジン最新刊~
「ベイビーステップ」最新話の365話(#365責任)あらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

個人的な今回の一番の見どころは、回想で気絶しちゃってた門馬です♪

bs365-4**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/11/bs365-4.jpeg

ベイビーステップ365話あらすじ・ストーリー紹介

第2ゲーム

栄一郎最初のサーブゲーム。
しかし15ー40。

諭吉
「最初のサーブでいきなりブレイクのピンチですね」

栄一郎
(追い込まれてリスクの高い逆襲を狙った結果のミス・・・
追い込まれて不用意にパワー勝負を挑んだ結果食らった逆襲・・・
要はとにかく・・・先に追い込まれないように・・・)
浅野の “門馬くんが守備をする必要がなく とはいえ簡単に攻められない状況・・・”との言葉がよぎる栄一郎。

栄一郎
(守る必要がなく・・・それでいて攻めづらい状況・・・
これならどうだ!?)

栄一郎はセンターに遅いスピンサーブを打ちます。

リターンする門馬。

門馬
(回転は強いが・・・タイミングを崩すほどじゃない・・・)

栄一郎
(平然とリターンされた・・・ここを強く深く!)

門馬
(また強いスピン・・・)

栄一郎
(この球は遅いから門馬さんがあえて意識して “守る必要はない” だけどスピンが強いし深いから “攻めづらい状況” ではある)

ストレートに返す門馬。

門馬
「・・・」

栄一郎
(効果が出ないチェンジオブペースは一時的に封印・・・
まずはこの球でサーブの優位をし守・・・)

返す栄一郎。

栄一郎
(門馬さんは守りながら攻める瞬間を窺ってる・・・
そのパターンに持ち込ませないだけじゃなく・・・
攻め込ませない位の球の伸びと深さで・・・)

ラリーが続きます。

栄一郎
(球種もコースも限定されるから単調にはなるけど・・・
主導権を奪われるのは避けられる・・・
だけど・・・問題はここから・・・)

青井
「ペースがスローダウンしましたね」

浅野
(これも1つの正解ではある)

門馬
(浅野さんのマネかよ・・・だがこっから先
浅野さんみたいにできると思うな)

バックハンドでストレートに打つ門馬。

スピンで深く返し続ける栄一郎。

栄一郎
(速球は逆襲を食らう可能性が高いから使えない・・・
その中でこの門馬さんのフラットをどう攻撃に結びつけるか・・・
このフラットは球威があるのに安定してるからミスは期待できない・・・
なのにいつ来るかも知れない攻守の切り替え点を待っていたら・・・
ラチが明かない!
・・・むしろ体力的に膠着状態が続いて困るのは俺・・・
だったらいくしかない・・・
遅い球で攻撃っ!)

バックハンドで鋭角クロスにスピンを打つ栄一郎。

門馬
(外に跳ねる超アングルショット・・・!)

bs365-2**出典**http://mangakansou.com/wp-content/uploads/2015/11/bs365-2.jpeg

スポンサーリンク

栄一郎
(ダメだ追いつかれる・・・どこを狙ってくる・・・?)

バックハンドでストレートに打つ門馬。

栄一郎は届かなかったがギリギリアウトで30ー40。

舌打ちする門馬。
それにビクッとする栄一郎。

門馬
(いいショットだが想定範囲内・・・次はないぞ)

栄一郎
(・・・完全に追いつかれて強打された
今のアングルクロスは俺的にはベストに近い・・・
それでもあそこまでやられるってことは・・・
この展開でこのショットは当分使えない・・・
他に何かないか・・・この膠着状態を抜け出す方法・・・
遅い球から・・・一撃で決まらなくても次に繋がるショット)

審判
「15秒経過!」

栄一郎
(プレーしながら何とかするしかない・・・)

栄一郎のサーブはワイドへ リターンする門馬。

栄一郎
(少しでも甘いと押し込まれるから強く深く!)

ラリーは続きます。

影山
「なんか・・・いつにも増して長いな」

諭吉
「でもお互いわずかなスキを狙ってますから異様な緊張感ですね」

青井
「こういう忍耐勝負は丸尾も強い方だけど・・・
相手が門馬だとな・・・」

浅野
「そうだな・・・門馬くんは日本代表の大黒柱・・・
この前のデ杯(国別対抗戦)でも最終決戦を任された男だからな」

青井
「しかもアレはワールドグループ残留が懸かった1戦でした」

次ページの回想で門馬が気絶っ!?
そのいきさつは・・・?

~続きは次ページ