人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

【エヴァ】登場人物人気キャラランキング決定版!!

*

スポンサーリンク

未だに不動の人気を誇るエヴァンゲリオン。その深い哲学と人間心理から繰り広げられるこの作品を支える登場キャラクターを個別に判断し、ランキングを付けてみました。

エヴァンゲリオン 登場人物(キャラ)ランキング 18位~

18位 青葉シゲル

青葉シゲル**出典**https://pbs.twimg.com/media/CEK77EJUEAA1GL1.jpg

本編サブキャラの中ではそれなりに多く登場した方だろうが、その扱い方がひどかった。

エヴァ好きの中でも名前すら知らない人が多いのではないでしょうか。。

その扱いの酷さが人類補完計画時にもにじみ出ているが、その捉え方次第では納得のいく最後だったとも言える。

17位 日向マコト

日向マコト**出典**http://image01.wiki.livedoor.jp/e/3/ebatan3/fb497f67.jpg

NERV本部中央作戦司令部作戦局第一課に所属しているオペレーター。

性格はまじめでお人好しといったところ。ミサトに好意を寄せていて、彼女の頼みなら何でも引き受けてしまうほど。

仕事は人一倍こなし、使途から人類を救う基盤を作ったときもあった。

16位 冬月コウゾウ

冬月コウゾウ**出典**https://pbs.twimg.com/

NERVの副司令官。シンジの母親:碇ユイの大学時代の恩師でもある。

かつての教え子でも会ったゲンドウノ下につき、対使途との交戦時に指揮を取ることもある。

最後はかつてから密かに思いを寄せていたユイの幻影により補完される。

15位 相田ケンスケ

相田ケンスケ**出典**http://image02.wiki.livedoor.jp/e/3/ebatan3/4349cf07.jpeg

シンジのクラスメイトで常にカメラを手にしているほどのカメラ好き。

エヴァのパイロットに憧れていてミサトに直談判した事もある。

なお、アスカとは犬猿の仲で話せば中傷しあっていたが、実は好意を寄せていた。

14位 鈴原トウジ

鈴原トウジ**出典**http://pbs.twimg.com/profile_images/1233387901/14.jpg

シンジのクラスメイトで、後に選出される事になるフォースチルドレンとしてエヴァにも搭乗した。

「俺はお前を殴らなあかん」とシンジとの出会いでいきなり殴るなど気性の荒い性格のようにも思えるが、実は家族思いのいいやつで後に和解している。

乗り込んだエヴァの起動実験の際に暴走してしまい、13の使途バルディエルとして認識されシンジに殺されてしまった。(漫画版)

13位 洞木ヒカリ

洞木ヒカリ**出典**https://pbs.twimg.com/

シンジのクラスメイトで学級委員長をしている事から「委員長」と呼ばれている。

アスカと仲がよく、昼食を一緒にとっているシーンが度々見られた。

トウジの事を気にしており弁当を作って渡す直前に彼の死が訪れた。

スポンサーリンク

12位 碇ユイ

碇ユイ**出典**https://pbs.twimg.com/

シンジの母親でサードインパクトを防ぐ為にゲンドウとともに研究に没頭していた。

エヴァ初号機の実験体として乗り込んだ際、事故に巻き込まれたが、その精神のみ初号機の中に残されていた。そのためシンジが乗り込んだ際は異例のシンクロ率を見せた。

11位 赤木リツコ

赤木リツコ**出典**https://pbs.twimg.com/

エヴァンゲリオンの開発総責任者特務機関NERV技術開発部技術局第一課に所属している。

MAGI開発者・赤木ナオコの娘でその能力は受け継がれており、MAGIの管理も担当している。

ゲンドウの愛人であった母親の後を継ぐかのように(母はゲンドウに捨てられている)自分もゲンドウの愛人となっていた。その結果、ゲンドウに射殺されてしまった。

エヴァンゲリオン 登場人物(キャラ)ランキング 10位~

10位 鈴原サクラ

鈴原サクラ**出典**https://pbs.twimg.com/

トウジの妹でその姿はエヴァンゲリヲン新劇場版Qから登場する。

初号機VS第三使途サキエル時に足を負傷して、それがきっかけでシンジはトウジに殴られることとなる。

その後長い入院が続いていたようなのでその怪我は重傷だったという事が伺える。

9位 加持リョウジ

加持リョウジ**出典**http://i.gzn.jp/img/2013/06/27/schick-eva-kaji/eva02.png

以前はミサトと付き合っていた事もあるが一旦関係を絶つも、再開したNERVで同僚となり再び仲を深めていくこととなる。

その行動は複雑で日本政府、ゼーレ、NERVのそれぞれのスパイとして行動していたが、冬月の開放が裏切りとされゼーレに射殺された。

8位 碇ゲンドウ

碇ゲンドウ**出典**http://aptrendnews.xsrv.jp/

シンジの父親でNERV総司令官

人類補完計画の基、彼なりの目的(エヴァ初号機の中に取り込まれてしまったユイに会う)のため、使徒殲滅とこの計画を遂行してきた。

シンジはその冷酷なまでの指揮に踊らされ、少しずつ自我を崩壊していった。

7位 伊吹マヤ

伊吹マヤ**出典**http://blog-imgs-68.fc2.com/k/o/i/koibota/2014082123391692e.jpg

NERV本部技術開発部技術局一課に所属していてNERV本部のオペレーターである。その技術は確かで、コンピューターウイルスによって侵入してきた使徒の殲滅に貢献したこともある。(第11の使徒イロウル

潔癖症で、精神面は脆く、か弱い女性像がうかがえる。

補完計画の最後ではリツコの幻影に抱かれその時を迎えることとなったため、同性愛者だったことが濃厚になった。

6位 葛城ミサト

葛城ミサト**出典**https://pbs.twimg.com/

特務機関NERV戦術作戦部作戦局第一課に所属しており、作中ではシンジの疎開先として自宅を提供している。

そのガサツな性格ゆえ部屋は汚くゴミに埋もれていた。また家でペンギン(ペンペン)を飼っている。普段は明るく能天気なように振る舞っているが、実際はセカンドインパクト時に父親を亡くしたショックを隠しているためのものと推測できる描写がある。

次のページでは5位から1位を発表!!

~続きは次ページ~