人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

【虹色デイズ】最新35話のあらすじ・ストーリー感想と36話の予想

スポンサーリンク



別冊マーガレットの最新刊2015年6月号に収録された「虹色デイズ」
その最新話である第35話のあらすじ・ストーリー感想と次回第36話の展開予想を書いています☆

次回36話のあらすじ・ストーリー感想はこちら

35話までのあらすじはこちら

虹色デイズ35話のあらすじ

「好きです つき合って下さい」

ついに杏奈に告白したモッチー。

思いもよらなかった告白に戸惑う杏奈。

(どうしたらいいんだろう)

モッチーを傷つけたくないと返事に悩む杏奈でしたが、考えた末、結局その場でごめんなさいとモッチーを振ってしまいます。

「わかってましたから
・・・ふられるって
羽柴くんが 好きなんですよね?」

そうモッチーに言われた杏奈は思わず顔が真っ赤になってしまいました。

「どうして わかったの・・・」

「そりゃ ずっと見てましたから
望みがなければわかっちゃうもんなんですよ
・・・だから
せめて気持ちだけでも伝えようと・・・
思って・・・」

そう言って少し悲しい表情を浮かべつつも普段通り明るく振る舞おうとするモッチー。
結局今まで通りふたりはこれからも友達でいることになりました。

そしてモッチーは杏奈と一緒に歩こうとしますが、杏奈が泣いていることに気づき、モッチーは気遣って杏奈をひとりにしてあげます。

「やっぱり先に行って筧くんたち探してみます
ゆっくり来て下さいね」

「・・・
うん・・・」

(望月くん
ありがとう
本当にごめんなさい
ごめんなさい・・・)

その直後、何も知らないまりが杏奈に駆け寄り抱きついてきました。

「なんで連絡してくれなかったの~!!
メールもしたのにィ~!!」

テンションの高いまりとは対照的に、へなへなと力なくその場に座り込む杏奈。

「・・・まりちゃん 私・・・
望月くんにひどいことしちゃった・・・
恋愛って楽しいものだと思ってたのに
辛いんだね・・・」

杏奈に何かあったことを察したまり。

「そうだよ杏奈
恋愛って辛いんだよ・・・」

場面が変わり、告白が終わるのを待っていた夏樹の前にモッチーが現れます。
モッチーは告白して振られたことと、杏奈に他に好きな人がいることは伝えましたが、肝心のその好きな人というのが夏樹であるということは明かしませんでした。

杏奈に好きな人がいただなんて思っていなかった夏樹は動揺し、思わずその場を走り去ってしまいます。

それを見ていた筧は思わず

「今のは 余計だったんじゃねーの」

とモッチーにひと言。

「結局 本性がこんなんだから
振られたんです」

そう自分を責めるモッチー。

「そんなことねーから
大丈夫だよ 渉
頑張ったな」

励ます筧。

走り去った夏樹は、メールの返事がない杏奈に直接電話をかけますが、先ほどの告白の件で憔悴している杏奈はなかなか電話に出ようとしません。

「今は・・・出たくないかも・・・」

それを見かねたまりが代わりに電話に出ます。

「今 杏奈 出れる状況じゃないんだけど」

(そうだよね・・・
こんな時にオレじゃ・・・
ダメだよね・・・)

と、夏樹はすっかり自信を失い消沈モード。
そのまま夏樹が電話を切ろうとしたとき

「やっぱり電話代わってもらっていい・・・?」

と、杏奈が電話を代わり夏樹と話します。

夏樹の声を聞き、一旦は安心したそぶりを見せた杏奈でしたが、結局すぐに辛くなり、一方的に夏樹との通話を切ってしまいました。

(恋って 怖い・・・)

どうやら杏奈は恋愛に臆病になってしまったようです。

電話を切った後、再び泣き出す杏奈。
その様子を見かねてか、まりはその夜ひとりで夏樹に会いに行きます。

「アンタに用があってきたの
ちょっとツラ貸しな」


~次号に続く。

虹色デイズ35話の感想と次回36話の予想

夏樹と杏奈、お互い好き同士なのにちょっとしたことですれ違ったりして、見ているこっちも思わず切なくなります。

そして、振られて傷心しているはずのモッチーですが、自分のことより杏奈を気遣ったり、周りに平静を装っている感じもいじらしくて切ないですね。

次回、まりは夏樹に何を言うんでしょう。
あの感じ・・・まさか夏樹を殴ったりはしないですよね(笑)

今回表紙&巻頭カラーを飾り、盛り上がり最高潮の虹色デイズ。
次回も目の離せないおもしろい展開になりそうです☆

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする