人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

【暁のヨナ】最新108話のあらすじ・ストーリー紹介

スポンサーリンク

花とゆめ最新刊2015年15号に収録された「暁のヨナ」
その最新話である第108話のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

 次回109話のあらすじはこちら

前回のあらすじはこちら

暁のヨナ108話のあらすじ・ストーリー紹介

気を失ったヨナは、夢の中でシンアと出会います。

「シンア!

よかった探してたのよ」

「俺のとこに来ないで
危ないから」

シンアは、ヨナに昔の青龍に乗っ取られていることなどの事情を説明します。

「ゼノに・・・
能力を・・・使ってしまった」

そう自分を責め、青ざめるシンア。

「ここには大昔青龍の里があって
ある日突然賊に教われたんだ・・・

里人は
まだ赤子だった青龍を連れ出し
賊たちをこの地下に閉じ込めた
先代青龍を囮にして

その先代は賊と戦って負傷し
二度とここから出られなかった

それが今
俺の身体にいる人」

「・・・その人のことを話してくれたのは
その人の境遇にシンアが心を砕いているから・・・?」

そうヨナに言われ黙ってしまうシンア。

「シンア 道を空けて
私を眠らせているのはシンアでしょう?」

「・・・駄目だ・・・」

「迎えに行くわ
何度でも

大丈夫
シンアが何をしても
私や皆の心は揺るがない

一緒に帰ろ
シンア」

ヨナはそう言いながらシンアを抱きしめます。

そして、その夢から覚めたヨナ。

あたりが暗く、これも夢かと一瞬錯覚してしまいそうになるヨナですが、現実であることに気がついたようです。

すると、隣にはハクがいました。
ヨナに平静を装うハクですが、どことなく調子が悪そうです。

「・・・ハク
どこかいたいの?
声が苦しそう」

「・・・え?
別になんともないで・・・」

と否定しようとするハクですが、その嘘をヨナはすぐに見破ります。
どうやら強い恨みを持った大昔の青龍の同胞たちがハクの体に取り憑こうとしている影響でハクの体調が優れない様子。

「ハクは渡さない
幽霊だろうが何だろうが
絶対に」

そう言いながらヨナはハクを強く抱きしめます。
ハクはあまりのうれしさにこれは夢だと思う始末。

「・・・え?
夢?」

「しっかりしてハク~っ」

「や 自分に都合のいい
夢見てんのかなって」

「起きて~っ」

そうしてふたりはシンアの元へと向かいます。

取り憑かれたシンアはゼノ、キジャ、ジェハの3人と対峙し、そこへヨナが到着。

ヨナを一目見た大昔の青龍は、突然涙を流し出します。
それを見て

「どうしたの?」

と聞くヨナ。

「・・・わからない
お前は・・・何者だ・・・?」

「ただの人間よ
あなたが能力を使っても取り憑いても
抗う術はない程には」

「なぜだ・・・
足が震える・・・
涙が止まらない・・・
恐れ多くて
これ以上は近づけない」

大昔の青龍はヨナの前にひざまずきます。
そんな青龍をやさしく包み込むように抱きしめるヨナ。

「シンアから聞いたわ
もっと聞かせて
あなたのこと」

「幼い頃から忌み嫌われ
戦闘に不慣れな俺を囮にし
朽ち果てるまで暗闇に閉じ込められ
全てを
呪わずにいられなかった

俺の・・・味方は・・・
ここに残された魂達だけだった・・・」

「うん・・・
だからシンアもあなたに少しの間
体を譲った・・・」

「わざと・・・
譲ったと・・・?」

「シンアは優しい人よ
とても優しい人なの」

スポンサーリンク

そう言いながらヨナは、大昔の青龍にお願いをします。

「青龍
シンアが許すならそこに居てもいいわ

でも気持ちが落ち着いたらその体
シンアに返してね

シンアもようやく
暗闇から太陽の下に出られた人なのだから」

それを聞いて全て納得した感じの大昔の青龍。

「・・・もういい
わかっていた・・・
どれだけ足掻いても
俺の時は戻らない

なぜだろう
お前が来るのを
待っていたような気がするのは・・・」

その瞬間、元に戻るシンア

ちょっと照れくさそうなシンア。

「・・・ただ
いま・・・」

シンアが元に戻り、祝福するヨナ一行。
正気に戻ったシンアは面がないことに気づき、きょろきょろと辺りを見回します。

「面なら外にあったぞ」

とハクが教えてあげます。

「まだ・・・必要?」

そう聞くヨナに、あれは形見だし付けていると安心すると答えるシンア。

すると、はぐれていたユンがここでようやくヨナたちと合流します。

「いたーバカ珍獣共
遅いんだよバカっ」

ユンはヨナたちに罵声を浴びせながら涙ぐんでいます。

「ユン!どうやってここに!?」

「遠くから音が聞こえたから調べてみたら
別の入り口見つけたのっ

暗いし独りだし
持って来たおにぎり冷めちゃうし!!」

それを聞いたヨナたちは全員一斉に

「お母様・・・っ」

と、ユンに答えます。

「産んだ覚えないよ!!」

間髪いれずに突っ込むユン。

そして帰ろうとするヨナ一行。
そんな中シンアは、途中で大昔の青龍の頭蓋骨を見つけます。
先ほどはヨナに面が必要と言っていたシンアでしたが、結局その面を青龍のそばに置いてシンアは帰って行きました。


~次号へ続く。

暁のヨナ108話感想と次回109話の予想

とりあえずシンアが元に戻ってくれて本当によかったですね☆
大昔の青龍も無事に成仏してくれたようでよかったです。
大昔の青龍は最初めっちゃ悪いやつと思っていたけどそうでもなかったですね。
むしろ同情してしまいました。

そしてユンが「産んだ覚えないよ」と突っ込んだところ、かなり笑えました(笑)

次回109話からはまた新しい展開になっていきそうなのでとても楽しみです♪

次回は新展開になっていくので、自信のある予想は立てれませんが、また何か情報が入り次第更新します!!

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする