人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

新連載スタート!思い、思われ、ふり、ふられ 咲坂伊緒先生インタビュー特集 

スポンサーリンク

アオハライドやストロボ・エッジの作者、咲坂伊緒先生の新連載「思い、思われ、ふり、ふられ」がこのたびスタートしました。

第1話のあらすじはこちら

あらすじと主な登場人物まとめはこちら

その咲坂伊緒先生へのインタビューが別冊マーガレット2015年7月号に掲載されていたので抜粋させていただきます。

新連載!スタート!
思い、思われ、ふり、ふられ
略して・・・ふりふら
読む前でも後でも「ふりふら」が楽しくなるインタビュー♪

スポンサーリンク

Q:タイトルはどうやってきめたの?

耳に聞こえがよくて覚えられそうなフレーズをギリギリまで探しました。ニキビ占いの言葉でもあるので青春ぽくていいかなと思いました。メインの登場人物が4人なので、4つの言葉の組み合わせも合っているかなと決めました。

Q:お話を作るきっかけは?

「アオハライド」で双葉が冬馬と1度つきあってから別れる流れを描いたときの反響から考えていたことがありました。つきあってみてから違うと気付いて別れるケースもあると思うし、我慢してつきあうより正直でいいと私は思うのですが・・・。「一途」が少女まんが的に素敵なのもわかりますが、それだけじゃないですよね。夢みがちで自分から動かない由奈、自由奔放な朱里、恋愛の価値観が違うふたりのヒロインを出し、いろんな価値観があってもいいんだなと考えられる話を描こうと思いました。今まで描いていなかった恋愛の本音の部分など、少し責めた感じで描いてみたい気持ちがあります。朱里のキャラにはびっくりする部分もあるかもですが。

Q:読者のみなさんへメッセージ

まずは感情移入しやすいほうのヒロインの気持ちで読んでもらえたら。「こういう恋愛しなきゃだめなんだ」という思い込みがあると、可能性が狭まってしまうので、現実でも、自由に恋愛していったらいいと思います!

Q:咲坂先生は由奈派? 朱里派?

ふたりのどちらの気持ちもすごくよく分かりますし、両方の性格とも自分にはあると思います。高校の時、朱里のような恋愛に奔放な友達がいて衝撃でした。正直な部分がとても好きで影響も受けましたが、由奈のようになかなか積極的になれなかったりも・・・。

Q:デビュー15周年おめでとうございます!

15年経ってもうまく描けないときは、本当に悔しいです。でも、この気持ちがあるから続けられています。年齢や経験を重ねて描けるものも出てきたので、今回の連載も新しいものに挑戦したいです。

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする