人気アニメの強さ・可愛いランキングまとめ

【虹色デイズ】最新36話のあらすじ・ストーリー紹介

スポンサーリンク

別冊マーガレット(別マ)の最新刊2015年7月号に収録された「虹色デイズ」
その最新話である第36話のあらすじ・ストーリー紹介を書いています☆

虹色デイズ36話のあらすじ・ストーリー紹介

前回、ひとりで夏樹に会いに来たまり。
なぜまりが会いに来たのかは分かりませんが、夏樹は機嫌の悪そうなまりに今にも泣いてしまいそうなくらいビクビクしています。

「えっと・・・
あのぅ~・・・」

「何」

腕組みをしながら夏樹が逃げられないように片足を壁につけて逃げ道を塞ぐまり。

「・・・・
まず足が・・・
あと近くない・・・?」

「逃げないようにしてんの!!」

「なんで!!?逃げないよ!!!」

ムカついた顔をしながらも壁につけた片足をまりが下ろします。
とりあえずほっとする夏樹。

「それよりどうしたの
こんな所に来て・・・
言っとくけどお金なら持ってないよ?」

「カツアゲじゃねーよ!!

ちょっと・・・
アンタに話できたから
杏奈のことで」

それを聞いた夏樹は杏奈のことを思い出し、元気がなかったことを心配しています。
そんな夏樹の様子を見てまりはズバッとひと言。

「杏奈が好きだからってはっきり言えば?」

夏樹の好きな人が杏奈だとまりに知られていることに驚いた夏樹は照れながら慌てだします。

「なななんで知って・・・!!!
まっつんに聞いたの!?」

「・・・あたし さっき
アンタらと清水寺いたんだけど」

それを聞いて夏樹はまりに聞かれてしまったことを思い出します。

「あっ・・・」

そうじゃなくても夏樹はわかりやすい性格なのでわりと気づいてたと言うまり。

「じゃあ・・・
小早川さん
気づいてるかな・・・?」

「気づいてないんじゃない?
こーゆーのにぶいし・・・」

「そっか・・・
複雑・・・」

と、少し複雑そうな夏樹にまりがズバリ聞きます。

「杏奈をどれくらい好きなの?」

それを聞いて慌てふためく夏樹。

「どっ・・・
どのくらいって
あの・・・」

「答えらんないの?」

「そーゆーわけじゃないけど・・・
すごく・・・?
なんて言ったらいいか・・・」

夏樹のハッキリしない様子を見てまりはイライラ。

「・・・
アンタってさぁ
はっきりしないし
頼りなさ過ぎてイラつく!!」

とまりに言われてしまう夏樹。
「スイマセン」と肩を落とす夏樹ですが、まりは

「けど たまに
そんな悪い奴でもないのかなとは思う」

と、一部夏樹を認めているような発言をします。

スポンサーリンク

「ほんとっ!?」

「そのかわり
そう思えば思うほど
このままじゃいけないって気持ちも
強くなってた
ずっとね・・・」

そう言いながらちょっとさみしそうな表情のまり。
さらにまりは続けます。

「でもそれが今日
杏奈を見てはっきりした
早くどうにかしなきゃって・・・」

まりが何を言おうとしているのか理解できない夏樹にまりが聞きます。

「もし杏奈と付き合えたらどうする?」

「なんていうか・・・とても嬉しいです」

夏樹は嬉しそうにはにかみながら答えますが、まりが聞きたかったのはそんなことではなかったようです。
まりはまた夏樹にいら立ちを感じてしまいます。

「あんたじゃなくて!!
杏奈を!!
大事にできんの?」

「それはもちろん!!」

そこはさすがの夏樹もはっきりと答えます。

「アンタ 頼りないのに?」

「全力で頑張るよ!!」

「絶対?」

「うん!!」

「・・・誓って?
誓ってあんたは
杏奈を一番に考えられんの?」

まりにそう聞かれて一瞬言葉に詰まりそうになる夏樹ですが、ハッキリと答えます。

「誓います!!!」

それを聞いてまりも納得した様子。

「告白はするんでしょ?」

「うっ うん!!
小早川さんが元気になったら・・・」

「それ
ちょっと待ってくんない?」

「へっ?」

「告白
しないでよ」

と、なぜかまりは夏樹の告白を止めようとします。

「なんで・・・?
小早川さんに何かあった?
もしかしてモッチーのことで・・・」

「そうじゃなくて
次はあたしの番だから」

まりのその一言にますます意味が分からなくなってしまう夏樹。
そしてそんな夏樹にますますいら立ちを募らせてしまうまり。

「アイツはすぐ気づいたのに・・・
めんどくせぇ」

「ええっ ごっごめん」

「まぁ・・・
別にわかんなくてもいいし
とりあえずまだ待っててよ

今!!
杏奈は落ち込んでる!!

望月に告白されたってだけで
考えすぎて
自分も傷ついて
弱って泣いてる・・・

けど
杏奈はあと1回は傷つかないといけないの
あたしのせいで・・・

だからアンタはその次にして」

なぜまりがそんなことを言うのかさっぱり理由はわからない夏樹ですが、まりの真剣な感じが伝わったのか、最終的に夏樹は了解します。

その夏樹とまりとのやり取りを実は物陰から聞いていた智也。
少し悲しそうな表情です。

そして次の日。
杏奈は熱を出して寝込んでいました。

「私ほんと・・・
自分がイヤになる
弱くて・・・」

と、杏奈はまりに言います。

「・・・じゃあ
もっと強くなっておいてくれる?」

と、まりがボソリと言いますが、杏奈にはよく聞き取れていなかったようです。
我に返り、なんでもないと明るく振る舞うまり。
まりは杏奈の容態を心配しつつもひとり観光へ出かけます。

すると偶然、夏樹・智也と遭遇。

まりは夏樹に杏奈が具合が悪くて寝ていることを教えてあげます。
かなり心配そうにしている夏樹を見て

「・・・行ってみれば」

とまりは夏樹の背中を後押ししてあげます。
まりのその言葉に驚く夏樹。

「いーの!!?」

「変なことしたらブッコロス」

と殺気立っているまり。

「しないよ!!
あっでもリーダーに
ダメって言われるかな・・・」

と悩みだす夏樹ですが、智也の後押しもあって、結局杏奈のところへ行くことにしたようです。

そして夏樹は杏奈のところへと向かい、智也とまりはふたりきりになります。
少し思いつめたような元気のないまりを見て声をかける智也。

「元気ねーなー」

「うるさい
杏奈がいないと元気なんてでない」

と悲しそうなまり。
それを黙って聞いている智也。

「オレがいるのになー
話なら聞くけど?」

「・・・・・
アンタに話したら
何か変わる?」


~次号に続く。

虹色デイズ36話の感想と次回37話の予想

前回、まりに夏樹は殴られてしまうんじゃ・・・?と軽く心配していましたが、いい意味でそうならなくて良かったです(笑)

ふたりきりになった智也とまり、そして杏奈のもとへ向かった夏樹。
それぞれ進展が期待できそうな感じがするので次号が楽しみです☆

あなたのシェアがとても嬉しい!

フォローする